4/28【オンライン勉強会】沖縄から考える日本の戦後 「4月28日」って、どんな日?

プロジェクト:OKINAWA
4/28【オンライン勉強会】沖縄から考える日本の戦後 「4月28日」って、どんな日?
4月28日は何の日かご存知ですか? 戦争に敗れた日本は、連合国軍の占領を経て、1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約の発効により独立しました。しかしその後も日本「本土」から切り離され、米軍の施政下に置かれた沖縄では、この日のことを「屈辱の日」と呼んでいます。

日本国憲法の適用外に置かれた沖縄では、人権侵害が繰り返されました。さらに、1972年に日本に復帰した後も、在日米軍基地が過度に集中するなど、日本「本土」の安全のために沖縄に犠牲を強いる政府の施策は続いています。4月28日に、沖縄から見た日本「本土」のあり方について考えます。

スピーカープロフィール

4/28【オンライン勉強会】沖縄から考える日本の戦後 「4月28日」って、どんな日?
野平晋作(のひらしんさく)
1964年鹿児島生まれ。ピースボート共同代表。ピースボートでは、長年アジア・太平洋地域に携わり、歴史認識や人権の問題に取り組んできた。他の市民団体とも連携しながら、「慰安婦」問題や在沖縄米軍基地の問題等に関する様々な活動に関わっている。今も続く日本の「植民地主義」の克服を主要な課題としている。

開催日時など

【開催日時】
2020年4月28日(火)18時~19時

【参加費】
無料(先着順、95名まで)


【参加申込み〆切】
当日(4月28日)の17時までにお申し込みください。
当日17時までに参加用のURLをお送りいたします。メールが届かない場合にはevent@peaceboat.gr.jpまでメールにてご連絡ください。※@は半角に書き換えてください。

【参加方法】
下記のリンク先「参加申し込み」より、お申し込みください。

このオンライン勉強会は「Zoom」を使用して行います。開始までにZoomアプリをインストールしておいてください。当日の参加方法は申し込まれた方に別途お知らせします。

【問合せ先】
ピースボート事務局
メール:event@peaceboat.gr.jp(@は半角に書き換えてください)
※5月6日(水)頃まで電話応対を止めておりますので、メールでのご連絡をお願いします。

参加申し込み

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS