ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳

プロジェクト:核廃絶
ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳右からICANのフィン事務局長、被爆者のサーローさん、ノーベル委員会のレイスアンデルセン委員長
2017年12月10日、ノルウェーのオスロ市庁舎で核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式が行われました。ピースボートはICANの国際運営団体であり、ピースボートから川崎哲とセリーヌ・ナオリが授賞式に参列しました。
ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳授賞式に最前列で参列したICAN国際運営委員ら。左から3人目はピースボートの川崎哲
ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳オスロ市庁舎の平和賞授賞式で講演するフィンICAN事務局長
ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳ノーベル平和賞受賞講演を行うサーロー節子さん
ICANは「核兵器がもたらす破滅的な人道上の結末への注目を集め、核兵器を条約によって禁止するための革新的な努力をしてきたこと」が評価され、ノーベル平和賞を授与されました。授賞式ではまず、ノルウェー・ノーベル委員会のベーリット・レイスアンデルセン委員長がICANへの授賞理由やICANの活動の意義を述べる演説を行いました。続いてICANを代表して、ベアトリス・フィン事務局長と広島の被爆者であるサーロー節子さんが共同して、ノーベル平和賞受賞講演を行いました。

この演説と講演の日本語訳を以下からダウンロードできます。なおこれらの日本語訳はピースボートによる非公式訳であり、英語の原文の著作権はノーベル財団にあります(© THE NOBEL FOUNDATION, STOCKHOLM, 2017)。

ダウンロードはこちらから

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS