核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞したことを受け、ピースボートが声明を発表しました

プロジェクト:核廃絶
核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を受賞したことを受け、ピースボートが声明を発表しました
本日(10月6日)、ピースボートが国際運営グループとして加わっている核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、2017年ノーベル平和賞を受賞しました。この受賞を受け、ピースボートは声明を発表しました。核兵器廃絶国際キャンペーンには、日本からは本団体の川崎哲(あきら)共同代表が国際運営委員に名を連ねています。
ピースボートの声明、川崎哲からのメッセージは、以下のリンクよりご覧ください。

現在、第95回ピースボートおりづるプロジェクトにて、世界各地でヒバクシャの証言活動を行っています。以下、直近の証言会の情報です。
<アイスランド>
10月7日(土)11時〜12時30分(現地時間)
ピースボートはレイキャビク市役所にて証言会を行います。

主な報道は、以下の通りです。
10月6日 NHK ノーベル平和賞にNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」
10月6日 朝日新聞 ピースボート「瞬間に立ち会えて…」 ICANに平和賞
10月6日 毎日新聞 <ノーベル平和賞>世界の流れに日本も 惨状から未来へ一歩
10月6日 時事通信 被爆者「世界が目覚める時」=ICAN参加のピースボート
10月6日 産経新聞 平和賞 「このときに受賞、意味がある」 構成団体のピースボートが喜びの声
10月6日 中国新聞 ノーベル平和賞にICAN 核兵器禁止条約実現に貢献
10月6日 東スポ 【ノーベル平和賞】東ちづる 核兵器廃絶国際キャンペーンの受賞に「期待はしていたが夢のよう」
10月6日 日刊スポーツ NGO「ICAN」ノーベル平和賞に関係者ら笑顔

ピースボートからの声明

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS