10/19 私がシリアに魅せられたわけ

関連キーワード:
移民・難民 紛争
受付は終了しました
10/19 私がシリアに魅せられたわけ内戦以前のシリアで。砂漠での昼食中、豆のディップを顔につけてふざけ合う。皆冗談が大好き。内戦後全員が砂漠を去った。
世界最古の歴史、地中海性気候で豊かな食文化、冗談好きの国民性。これはシリアを形容しています。

フォトグラファーの小松由佳さんは、世界第二の高峰K2の登頂後、人間の多様な暮らしを求め、9年前に初めてシリアを訪れました。そこで、自然の中で伝統を受け継ぎ暮らすシリア人の姿に、人間が生きる原点があるように感じました。その暮らしに魅せられ、内戦が始まった後もシリアに通った小松さん。現在、小松さんが写すのは、傷ついた人々の強い眼差しです。

「私に何ができるのか」

現在、シリア人夫と赤ん坊を抱く彼女。今後もシリアへの取材を続けるといいます。登山家として、フォトグラファーとしての軌跡を語ります。

イベント概要

イベントタイトル 10/19 私がシリアに魅せられたわけ
日時 2016年10月19日 19:00~20:00(開場18:45)
場所 ピースボートセンターとうきょう
東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
[地図を見る]
アクセス JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて
03-3363-7561(10:00~19:00)
講師 小松由佳さん
フォトグラファー。高校在学中から登山に魅せられ、国内外の山を登る。2006年、〝世界で最も困難な山〟と称される世界第二の高峰K2に日本人女性として初めて登頂を果たす。植村直己冒険賞受賞、秋田県民栄誉章受章。次第に自然とともに生きる人間の暮らしに惹かれ、草原や沙漠を旅するうちフォトグラファーを志す。2012年からはシリア内戦の取材をし、シリア難民の今を伝える活動を行う。
参加費 500円
注意事項 書籍とシリア難民援助の手芸品などの販売を行います。
参考 icon 小松由佳 公式ウェブサイト
受付は終了しました
イベント
EVENT