【出航会見】船体にSDGsロゴを掲げ、被爆者とともに平和と持続可能性を世界中でアピールします

プロジェクト:SDGs キャンペーン クルーズ: 第92回 地球一周の船旅
【出航会見】船体にSDGsロゴを掲げ、被爆者とともに平和と持続可能性を世界中でアピールします
8月18日、第92回ピースボート地球一周の船旅の出航に先駆け、船体にペイントした国連SDGsの巨大ロゴ除幕式と記者会見を開催します。船は横浜港を出航し、アジアを皮切りにヨーロッパ、アメリカ合衆国、キューバを含むカリブ海諸国など、105日間をかけ世界21カ国25寄港地をめぐります。この船旅には約1,000名の老若男女と「ヒバクシャ地球一周 証言の船旅」に参加する被爆者5名が乗船します。

ピースボートは昨年採択された国連の「持続可能な開発目標(SDGs)※」の公式キャンペーン団体として、船体の巨大ロゴとともに世界各地で国連SDGsのアピールを行います。
【出航会見】船体にSDGsロゴを掲げ、被爆者とともに平和と持続可能性を世界中でアピールします地球一周に出発する船と見送る人々の間にはカラフルな紙テープが風になびきます。
出航当日、国連広報センターの根本所長の立ち会いのもと、船体に新たにペイントされた巨大ロゴの除幕式を行います。また「第9回ヒバクシャ地球一周、証言の航海」として広島、長崎から被爆者5名とユースら4名が非核特使として参加し、世界各地で核兵器の禁止と廃絶を訴えます。証言活動と平行して、軍縮を推進する国連平和ポスター・パネル展も世界各地で展示します。

<第92回ピースボート「地球一周の船旅」のその他のトピック>
★10月20日〜21日ニューヨークに寄港し、国連本部と協力してSDGs船上イベントを開催
★米国と外交関係を回復した注目のキューバに寄港
★CO2の排出量が通常より40%少ない未来型客船「エコシップ」を世界各地で紹介

【日時】  2016年8月18 日(木)11:00~
記者会見に続きSDGs船体ロゴ除幕式
※写真付きの身分証明書を必ずお持ちください(岸壁に入る際に必要です)
※12:30より出航式。キューバ全権大使も出席。
【場所】  横浜大桟橋国際客船ターミナル、ターミナル会議室(2F)集合
【出席者】 
根本かおる(国連広報センター所長)
忍足謙朗(国連世界食糧計画、元アジア地域局長)
「ヒバクシャ地球一周、証言の航海」に参加する被爆者5名、被爆2世と継承者2名、ユース2名
川崎哲(ピースボート共同代表) ほか

※SDGsとは持続可能な社会を実現するために国連が掲げる平和、教育、貧困、ジェンダー、気候変動など17の目標です。
※被爆者・ユースらは、前日8月17日(水)午後3時に外務省にて非核特使の委嘱式を行います。取材ご希望の方はご連絡ください。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS