2/26【東京】インド映画が語るインドの顔

プロジェクト:SDGs キャンペーン
2/26【東京】インド映画が語るインドの顔ムンバイにあるインド映画博物館にて
近年、日本でも多様なインド映画が上映されるようになってきました。1998年の「ムトゥ 踊るマハラジャ」のヒットから20年余、最近では、教育問題を取り上げた「きっと、うまくいく」(2009)や女性の自立を描く「マダム・イン・ニューヨーク」(2012)、古代王国が舞台の「バーフバリ」二部作など、様々なインド映画がヒットして、日本にもその魅力が少しずつ浸透しています。これらのインド映画は、どんなインドの顔を私たちに見せてくれるのでしょうか。

今回は書籍『インド映画完全ガイド』を監修し、字幕翻訳も多数担当してきた松岡環さんに、インド映画の多彩な魅力を語っていただきます。
2/26【東京】インド映画が語るインドの顔
【松岡環(まつおかたまき)さんプロフィール】
1949年生まれ。大阪外国語大学(現大阪大学)でヒンディー語を学び、1976年からインド映画の紹介と研究を開始。1980年代にインド映画祭を何度か開催。その後アジア映画全般に研究対象を広げ、『アジア・映画の都』等を執筆。「パッドマン 5億人の女性を救った男」はじめ、インド映画の字幕も多数担当。著書に『インド映画完全ガイド』など。

イベント概要

イベントタイトル 2/26【東京】インド映画が語るインドの顔
日時 2020年2月26日 19:00~20:30(開場 18:30)
場所 ピースボートセンターとうきょう
東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
[地図を見る]
アクセス JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて 03−3363−7561(10:00〜19:00)
講師 松岡環さん(アジア映画研究者)
参加費 500円
参考 icon ブログ「アジア映画巡礼」

インフォメーション

イベント
EVENT