PEACE & GREEN BOAT 2006

プロジェクト:PEACE&GREEN BOAT
PEACE & GREEN BOAT 2006
2006年12月13日~12月27日 15日間

寄港地での交流プログラム

博多(福岡)
・和白干潟で考える自然との共存
・「強制連行」の足跡をたどる

香港(中国)
・マイポ湿地のいまと漁村でエコ体験
・香港人も知らない「香港の歴史」
・香港の若者と交流

カイラン(ベトナム)
・ハロン湾でベトナムの若者と大交流
・「持続可能なベトナム経済」への取り組み
・ベトナム戦争の跡をたずねて
・ベトナムの家庭でホームステイ

スービック(フィリピン)
・米軍基地がのこしたもの
・フィリピンに生きる子どもたち
・フィリピンの有機農業にチャレンジ
・Peace&Greenコンサート

釜山(韓国)
・自然の宝庫、洛東江と牛浦沼へ
・韓国で聞くヒロシマ・ナガサキの証言
・釜山で知る民主化運動の足跡

乗船された水先案内人の皆さん(同不順・敬称略)

内海 愛子 (日本平和学会会長)
村井 吉敬(上智大学教員・東南アジア社会経済論)
前田 哲男 (軍事ジャーナリスト)
新藤 健一(フォトジャーナリスト・明星大学情報学部非常勤講師)
高 添強(ティム・コー)(香港歴史研究家)
金 英丸(「平和資料館・草の家」事務局長)
マシュー・グリーン (リサーチャー)
金 昌幸 (エンターテイナー)
崔 善愛 (ピアニスト)
飯島 博(NPO法人アサザ基金代表理事)
ビョン・ヨンジュ(映画『ナヌムの家』監督)
キム・ソホ(KBS環境ドキュメンタリーディレクター)
カン・ヘジョン(アジア平和と歴史教育連帯運営委員)
キム・ギシク (「参与連帯」事務局長)
キム・チャンス(元青瓦台安保政策主席室行政官)
チョハン・ヘジョン(延世大学社会学教授・作家)
パク・ウォングン(演劇人・元ソウル芸術大学教授)
キム・ソンファン (環境映画監督)
イム・オクサン(画伯・設置美術(インスタレーション)家)
キム・ギョンウォン(ソウル環境運動連合・湿地保全連帯事務局長)
グ・ジャサン(釜山環境運動連合常勤代表)
ウン・ヒギョン (小説家)

など…

クルーズプロジェクト

ノーモア・ヒバクシャ・プロジェクト

2006年10月に北朝鮮が核実験を行ったことへの抗議も込めて、核のないアジアを実現するために立ち上げたプロジェクト。「日韓の被爆者」として、天野文子さん(14歳のとき広島で被爆。78年、国連の第1回軍縮特別総会に証言者として参加して以来、各国で原爆の語り手として活躍)、郭貴勲さん(20歳のとき、朝鮮人徴兵令によって配属された広島で被爆。韓国に帰国後、在外被爆者への補償を求め闘う)が乗船。被爆体験を通して核兵器の恐ろしさと、全ての核被害をなくしていくために必要なことを語っていただき、各寄港地で「No Nukes for Green Asia」というメッセージバナーに賛同の手形を集めました。

使用船籍

PEACE & GREEN BOAT 2006
ふじ丸
日本船籍/23,235トン

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS