I CANで世界をつなぐ。
核兵器のない世界にYES

Message

2017年12月10日。
ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞を受賞します。その最大の功績は、今年7月、ニューヨークの国連本部で成立した「核兵器禁止条約」の実現に尽力したからです。
しかし、この歴史的な条約の実現にはICANのメンバーのほかにも「立役者」がいると国際社会では言われています。それは「もう二度と過ちを繰り返さない」の一心で、自らの被爆体験を世界中で語ってきた広島、長崎の「ヒバクシャ」の存在です。ヒバクシャは、半世紀以上もの間、悲惨な自らの体験を証言し続けてきました。その活動は、日本国内だけでなく世界各地におよびました。戦争も、核兵器のない平和な世界を希求するヒバクシャの懸命な姿が、核兵器禁止条約に「YES」の一票を投じた政府関係者を動かしたと言われています。世界122カ国もの国々が、この条約に賛同した一方、唯一の核兵器の被害国である日本の政府は、この条約に賛成を表明していません。
そこで、世界の人々、そしてヒバクシャの「核兵器禁止」への思いに賛同の意を表明する「#YesICAN」キャンペーンを始めることにしました。キャンペーン期間中、ハッシュタグ「#YesICAN」を付けて、TwitterやFacebook、Instagramに自らの写真を投稿してください。有名人、著名人の方の参加も予定しています。ICANのノーベル平和賞受賞をきっかけに、改めて、戦争も核兵器もない世界をめざして、私にできる「CAN」を探してみませんか?

『#YesICAN』キャンペーンに参加しませんか?

Campaign

核兵器のある世界とない世界だったら核兵器のない世界がいい。日本中の多くが共有している「核なき世界へのYES」を世界に発信しましょう。一人でも複数人でも構いません。
1. ご自身で「#YesICAN」と書いたメッセージボードを用意して写真を撮る。
2.「#YesICAN」キャンペーン公式メッセージボードを持って写真を撮る。

公式メッセージボードをダウンロード

3. 動画の場合:核兵器のない世界や核兵器禁止条約に関する『一言メッセージ』を「核兵器のない世界にYES!」あるいは「核兵器禁止条約にYES!」で締めて最大10秒でアップしてください。
ハッシュタグ「#YesICAN」 を付けて、TwitterやFacebook、Instagramに投稿してください。投稿されたものの一部は、随時、本ウェブサイトで紹介します。また本キャンペーンに賛同してくださった、多くの著名人の方のメッセージ等も掲載いたします。

ICANimage01
ICANimage02
ICANimage03
ICANimage04
ICANimage05
ICANimage06
ICANimage07
ICANimage08
ICANimage09
ICANimage10
ICANimage11
ICANimage12

ICANとは?

About

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)は、核兵器を禁止し廃絶するために活動する世界のNGO(非政府組織)の連合体です。スイスのジュネーブに国際事務局があり、2017年10月現在、101カ国から468団体が参加しています。この度、ICANが受賞したノーベル平和賞は核兵器廃絶に向けて尽力されてきたすべての人たちに向けられたものです。とりわけ勇気をもって自らの体験を語ってきた広島・長崎の被爆者のみなさんに、この賞は向けられています。

日本では広島・長崎、そして第五福竜丸の体験をもとに1950年代より被爆者の権利と原水爆禁止を求める運動が続けられてきました。ピースボートは2008年より「おりづるプロジェクト」として被爆者の声を世界に伝える航海を続けてきました。
「平和首長会議」のみなさんをはじめ、世界の多くのNGOに支えられ、その中から「YES!キャンペーン」など、数多くの取り組みがうまれました。一方、国際的には「アボリション2000」などのネットワークのもとで多彩な活動が展開されてきました。2007年に生まれたICANは、こうした取り組みに学びながら、核兵器禁止条約をさらに前に進める運動を展開していきます。ピースボートはその中で中心的な役割を果たしていきたいと思います。
ピースボート共同代表/ICAN国際運営委員
 川崎哲

川崎哲

ページトップへ