太平洋の寄港地交流レポート

太平洋の寄港地交流レポート
見渡す限りの海原に囲まれた、太平洋にちりばめられた島々。かつて先住民族は、星や風を頼りに何千キロも航海してこの海を渡りました。南洋の楽園と呼ばれる太平洋の島々のほとんどは、大国の植民地にされた歴史を持っています。大国同士の戦争の舞台にされたり、核実験が行われることもありました。そして今、先進国が引き起こした気候変動によって、水没の危機にさらされている島もあります。太平洋から世界を問い直すことで、また違った世界の形が浮かび上がってくるはずです。

災害の寄港地交流レポート

太平洋ピースフォーラムの成果ビデオ・スライドショー
2016/12/25

太平洋ピースフォーラムの成果ビデオ・スライドショー

2016年3~4月に行われた太平洋ピースフォーラムの成果ビデオとスライドショーへのリンクです。...
マーシャル、タヒチ、福島の核被害者が集う 太平洋ピースフォーラムを開催しました
2016/4/16

マーシャル、タヒチ、福島の核被害者が集う 太平洋ピースフォーラムを開催しました

福島原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年を迎えるにあたり、ピースボートの船旅では、太平洋で核実験の被害者を招き、福島の被災者らと交流する「太平洋ピースフォーラム」を開催しました。 ...
マーシャル・タヒチ・福島の核被害者が交流~「太平洋ピースフォーラム」を行います
2016/3/16

マーシャル・タヒチ・福島の核被害者が交流~「太平洋ピースフォーラム」を行います

福島原発事故から5年、チェルノブイリ原発事故から30年を迎えるにあたり、ピースボートの船旅では、太平洋で核実験の被害者を招き、福島の被災者らと交流する「太平洋ピースフォーラム」を開催します。...
イースター島で「平和の凧」をあげましたー3.11を前に、東日本大震災からの復興と中東ガザの平和を願い-
2016/3/6

イースター島で「平和の凧」をあげましたー3.11を前に、東日本大震災からの復興と中東ガザの平和を願い-

東日本大震災から5年目の3月11日を前に、ピースボートは南太平洋上のイースター島(ラパヌイ、チリ領)にて、地元の子どもたちとともに「平和の凧あげ」を行いました(2016年3月4日)。 これは、国...
広島・長崎の被爆者がホノルル市長と面会しました
2015/7/15

広島・長崎の被爆者がホノルル市長と面会しました

第87回ピースボートは2015年7月12~13日に最後の寄港地であるハワイイのホノルルに寄港しました。おりづるプロジェクトに参加する広島・長崎の被爆者らは、初日に船内で証言会を行い、2日目にはホノルル...
ピースボートの船旅
VOYAGES
パレスチナ難民のことを知ってほしい
清田明宏
UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)保険局長
もっと見る
清田明宏