英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)

プロジェクト:地球大学 クルーズ: 第105回 地球一周の船旅
関連キーワード:
国際協力 異文化交流
英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)
世界の様々な課題の解決のためにグローバルに活躍できる人材を育てる地球大学特別プログラム、2020年度は「平和で公正な世界のために踏み出す一歩:人を中心に考える包括的で持続可能なアジア」をテーマに開講します。

第105回ピースボート地球一周の船旅のアジア区間を利用して、2020年8月17日から9月1日の16日間の日程で大阪、香港、シンガポール、クアラルンプールの4都市をめぐります。気候変動や移民・難民問題、貧困問題を切り口に、平和や持続可能性、包摂性や公正といったテーマを考えます。

申し込みの最終締め切りは4月30日(木)です。みなさんのご応募をお待ちしています。

変えなければいけない世界が、今そこにある

英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)
21世紀の幕開け以降、世界では人権や人間の安全保障などの概念が広がり、国をこえた地域の協力体制が強まりました。国家という視点に縛れない新しいゆたかさの追求に向けて世界は着実に一歩を踏み出したかのように見えました。

しかし昨今の世界情勢をみると、そのような流れに逆行するような動きが目立ちます。世界の各地で、自分の国さえよければそれでいいという排他的な考えが広がっています。アジア地域でも、国家間の対立をあおり、対話よりも武力に傾倒するような危険な動きが目立ちます。政治的迫害や貧困、気候変動の影響を受けてふるさとを離れて国境を越えることを余儀なくされる人も多くいます。

ピースボートは世界一周の船旅を通して、大規模自然災害や広がる経済格差が人々の生活にもたらす影響をつぶさに見つめてきました。今私たちに求められているのは、本当の意味で平和で持続可能な社会へと舵を切ることです。誰かの不幸せの上にしか成り立たない富や豊かさのしくみを考え直さなければいけません。

チェンジメーカーはあなた。舞台は地球

英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)
平和で持続可能な社会の実現のために求められているのは、専門知識を武器に、現場の声を確実に拾いながら、思いやりと情熱をもって地球規模の課題を解決に導ける人材です。国をこえた視点から目先の利益にとらわれずにこれからの社会を築いていけるグローバル人材の育成ために、ピースボートは2020年も地球大学特別プログラムを開講します。

教室での授業だけでは物足りない。英語を使って世界中の学生と議論したい。たくさんの国を訪れ、現地の人々に出会い、地球をキャンパスに学びたい。地球大学特別プログラムはそんなあなたにぴったりのプログラムです。世界で起きている出来事を自分の目で確かめ、当事者に話を聞き、世界の不公平や不平等、人々の苦しみとどう向き合うべきなのかを各地から集まる若者とともに考えます。

地球大学「特別プログラム」とは

英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)
ピースボート地球大学はピースボートの船旅を活用した国際交流・平和教育のためのプログラムです。訪れる寄港地では現地実習(エクスポージャー)、洋上ではゼミを行い、世界で起きている問題を自分の問題として考える視点を養い、理解を深めます。

とりわけ地球大学特別プログラムは、世界中から集まる若者を対象に英語で行う短期集中型のプログラムです。安全保障問題や開発問題、国際法や多民族共生などの各回のテーマに基づき、実践と理論を組み合わせた独自の授業を行います。プログラムには「ナビゲーター」として学術機関や国際機関、NGO・NPOなどから著名な講師が同行し、学生の学びをお手伝いします。

「平和で公正な世界のために踏み出す一歩」をテーマにアジア4都市をめぐる16日間

英語で学ぶ地球大学特別プログラム、2020年8月のプログラムの参加者を募集しています(第一次〆切3/31、第二次〆切4/30)
◆開催日程
2020年8月17日(月)~9月1日(火)[大阪集合・クアラルンプール解散、16日間]

◆テーマ
「平和で公正な世界のために踏み出す一歩:人を中心に考える包括的で持続可能なアジア」

・持続可能な環境とは:手渡したいのは青い空(大阪)
・隠れた貧困に目を向ける:誰一人取り残さない都市の発展とは(香港)
・国境を越える人々:移民・難民の声を聞く(シンガポール&クアラルンプール)

◆ナビゲーター
・ハシナ・カービ[Impulse NGO Network創設者・会長]
・川崎哲[ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員]
(決まり次第随時アップしていきます)

◆費用
一人あたり329,290円
*これには、授業料、エクスポージャー参加費、船内チップ5,000円、ポートチャージ5,400円、国際観光旅客税1,000円、期間中の交通費、洋上での宿泊費・食費が含まれます。集合場所(大阪)へ、また、解散地(クアラルンプール)からの渡航費用、査証費用、旅行保険などは自己負担・自己責任となります。

◆応募条件など
参加者として望ましいのは、安全保障や開発問題、平和構築に強い関心を持つ方、又はこれらの分野に携わった経験を有する18歳から35歳の方です。講義やディスカッションはすべて英語でおこなわれます。それに参加するのに必要な語学力を有することは参加に際する必須条件です。ピースボートのコーディネーターが、参加者の応募書類を「応募資格」に照らし合わせて審査します。必要に応じてスカイプや電話での面接を行います。

◆応募方法
以下の応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、応募締め切り日までにメールにてお送りください。

◆応募締め切り
第一次締め切り 3月31日(火) 17:00 (日本時間)
第二次締め切り 4月30日(木) 17:00 (日本時間)

◆応募用紙送付先
ピースボート事務局
地球大学特別プログラム担当・畠山 Mail:univ@peaceboat.gr.jp

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS