「全てのキーワード」の寄港地交流レポート

2018年春「カンボジア地雷問題検証ツアー」の参加者を募集しています
募集
2018/1/19

2018年春「カンボジア地雷問題検証ツアー」の参加者を募集しています

ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACは地雷除去やその被害者の支援をおこなうと同時に、地雷問題を多くの人々に知ってもらえるようさまざまな活動をおこなっています。その一つが、「カンボジア地雷問題検証...
1/24 お金の流れが世界を変える
イベント
2018/1/18

1/24 お金の流れが世界を変える

皆さんが銀行に預けたお金が、温暖化問題を進めるために使われている可能性があります。銀行預金は、様々な企業に投資されているからです。そこで、講師の古野真さんが代表を務める350.orgが取り組んでいるの...
地雷の基礎知識(2017年版)
INFO
2018/1/12

地雷の基礎知識(2017年版)

P-MACは地雷除去支援や被害者への支援を進めると同時に、これらがどんな性質を持っている兵器で、どのような構造の元で世界に広がっているのかについても伝える活動をしています。ここでは地雷の特徴や被害者数...
3/10 世界を旅しながら教育を学ぼう!〜2018年春期地球大学説明会〜【大阪】
イベント
2018/1/11

3/10 世界を旅しながら教育を学ぼう!〜2018年春期地球大学説明会〜【大阪】

地球大学は、ピースボート地球一周の船旅を通じて国際社会への理解を深め、グローバルな視点を身につけるための教育プログラムです。第98回地球一周の船旅(2018年5月出航)にて実施される地球大学では、『教...
ベアトリス・フィンICAN事務局長が来日します
INFO
2018/1/9

ベアトリス・フィンICAN事務局長が来日します

1月12日(金)、2017年のノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が長崎大学の招聘により来日します。フィン氏は長崎での行事の後、広島と東京を訪問し...
1/23 国際シンポジウム「どう伝える?福島の教訓~グローバルな視点から考える」
INFO
2018/1/9

1/23 国際シンポジウム「どう伝える?福島の教訓~グローバルな視点から考える」

2011年3月11日の東京電力福島第一原子力発電所の事故からもうすぐ7年となります。政府や行政は盛んに福島の復興を伝えています。しかし、一般市民や被災者の立場から原発事故を振り返り、そこから得られた教...
揺れ動く世界に触れて、ジブンゴトに ― 2017年夏期 地球大学報告 
2018/1/9

揺れ動く世界に触れて、ジブンゴトに ― 2017年夏期 地球大学報告 

第95回ピースボート地球一周の船旅(2017年8月13日〜11月25日)において、地球大学プログラムを実施しました。全23寄港地を巡る104日間に及ぶ航海を通して、貧困・食糧問題、難民・テロ問題、異文...
ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳
INFO
2018/1/8

ICANノーベル平和賞受賞講演の日本語訳

2017年12月10日、ノルウェーのオスロ市庁舎で核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式が行われました。ピースボートはICANの国際運営団体であり、ピースボートから川崎哲とセリ...
【出航】船体にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ロゴを掲げ、第96回ピースボートが出航しました!
2018/1/8

【出航】船体にICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)ロゴを掲げ、第96回ピースボートが出航しました!

2018年1月8日(月)、第96回ピースボート「オセアニア一周クルーズ」が、横浜港を出航しました。2017年、ピースボートが国際運営団体を務める核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)がノーベル平和賞を...
1/16 核兵器は本当になくせるの?ICANに聞いてみよう!【ノーベル平和賞受賞団体 ICAN事務局長 講演会】
イベント
2018/1/2

1/16 核兵器は本当になくせるの?ICANに聞いてみよう!【ノーベル平和賞受賞団体 ICAN事務局長 講演会】

2017年7月、国連では核兵器を初めて違法化する国際条約が、多くの国の賛同を得て採択されました。その採択に大きく貢献したとして、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)が、2017年のノーベル平和賞を受...
ピースボートの船旅
VOYAGES
乗ってみないとわからない
西畠清順
プラントハンター
もっと見る
西畠清順