おすすめレポート

1/10 「若者」ひとりひとりの可能性を信じて  〜通信・定時制高校の高校生と向きあう〜
イベント
2017/12/26

1/10 「若者」ひとりひとりの可能性を信じて 〜通信・定時制高校の高校生と向きあう〜

2017年に発表された、2万人の若者を対象にした国際調査によると、日本の若者は、心の幸せの状態が世界で最も乏しいことが明らかになりました。不登校、いじめられた経験、発達・学習障害、親との軋轢など、現代...
ピースボートがニューヨークに寄港〜「持続可能な世界をめざす船上フェスティバル」を開催しました
2017/11/16

ピースボートがニューヨークに寄港〜「持続可能な世界をめざす船上フェスティバル」を開催しました

2017年10月15日、第92回ピースボートがニューヨークに寄港し、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)をテーマに船上フェスティバルを開催しました。このフェスティバルでは教育、パートナーシップ、...
基本的な人権を求めて〜タイのトランスジェンダー
2017/10/20

基本的な人権を求めて〜タイのトランスジェンダー

性問題・トランスジェンダーの活動家であるパニサラ・スクンピシャイラット(愛称:ポイ)さんは、第94回ピースボートの横浜からプーケットの区間で乗船されました。船上でポイさんは、タイでトランスジェンダーな...
気候変動に取り組む島嶼国の若者たちが乗船、洋上で国連COP23の公認プログラムを実施
2017/9/28

気候変動に取り組む島嶼国の若者たちが乗船、洋上で国連COP23の公認プログラムを実施

第95回ピースボートの船上では、国連気候変動会議COP23の公認プログラムとして、第一回「海洋保護・気候行動のためのユースアンバサダー・プログラム」を開催しています(9月22日〜10月16日)。本プロ...
エホアラ(マダガスカル):バオバブを植えて考える環境問題
2017/6/7

エホアラ(マダガスカル):バオバブを植えて考える環境問題

第93回ピースボート地球一周の船旅は、2017年1月、マダガスカルのエホアラ港に寄港しました。ここでは、植林活動を行った寄港地プログラムについて紹介します。この活動は、国連の持続可能な開発目標(SDG...
「世界一貧しい大統領」と呼ばれるホセ・ムヒカさんがピースボートに乗船しました!
2017/2/10

「世界一貧しい大統領」と呼ばれるホセ・ムヒカさんがピースボートに乗船しました!

2017年1月25日、モンテビデオに寄港した93回ピースボート地球一周の船旅を歓迎するため、ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領が港を訪れ乗船されました。
ムヒカ前大統領は、2012年にブラジ...
南アフリカ HIV/AIDSとの闘いー冨田沓子さん、ドゥドゥジレ・ンカビンデさんが挑む
2017/1/11

南アフリカ HIV/AIDSとの闘いー冨田沓子さん、ドゥドゥジレ・ンカビンデさんが挑む

ここでは、第90回ピースボート地球一周の船旅に乗船した水先案内人、冨田沓子さんとドゥドゥジレ・ンカビンデさんの様子をご紹介します。お二人は、日本国際ボランティアセンター(JVC)の南アフリカ・プロジェ...
国連と共催で、SDGsを広める船上フェスティバルを開催しました -ニューヨーク報告
2016/12/26

国連と共催で、SDGsを広める船上フェスティバルを開催しました -ニューヨーク報告

第92回ピースボートが10月20日と21日にニューヨークに寄港し、20日の夜にはピースボートと国連広報局(DPI)が共催で、SDGs(持続可能な開発のための17の目標)をテーマに、「持続可能な世界をめ...
船体に国連「SDGs」のロゴマークを刻み、第92回ピースボート地球一周の船旅が出航!
2016/8/20

船体に国連「SDGs」のロゴマークを刻み、第92回ピースボート地球一周の船旅が出航!

8月18日、第92回ピースボート地球一周の船旅が約1000人の参加者を乗せて横浜港より出航しました。105日間、21カ国25寄港地をめぐる船旅では、米国(ニューヨーク)や、米国との国交を回復したキュー...
軍事費を減らし持続可能な社会へ 国連会議に提言しました
INFO
2015/6/25

軍事費を減らし持続可能な社会へ 国連会議に提言しました

2015年7月13日〜16日にエチオピアの首都アディスアベバで第3回国連開発資金会議が開催されます。この会議は、2016年〜2030年までの「ポスト2015※」の開発目標に関連して、どのように開発資金...
ピースボートの活動
PROJECTS