おすすめレポート

ICANのノーベル平和賞受賞を受けた川崎哲のスピーチを紹介します(10/9緊急報告会より)
INFO
2017/10/28

ICANのノーベル平和賞受賞を受けた川崎哲のスピーチを紹介します(10/9緊急報告会より)

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞受賞を受け、ICANの国際運営委員を務める川崎哲(ピースボート共同代表)が緊急帰国。10月9日(月)に開催された記念イベントで、スピーチを行いまし...
核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます
2017/9/13

核兵器禁止条約への参加と核廃絶を!~被爆者とユースが第95回ピースボートに乗船し呼びかけます

今年7月7日に、史上初めて核兵器を非人道兵器として全面禁止する「核兵器禁止条約」が国連で成立しました。ピースボートは核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)の一員としてこの条約成立に尽力してきましたが、...
おりづるプロジェクト 2017年(第10回)の報告書
INFO
2017/8/6

おりづるプロジェクト 2017年(第10回)の報告書

2017年4月12日から7月25日にかけて行われた第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の報告書です。...
NO PHOTO
2017/4/8

第10回ヒバクシャ地球一周 証言の航海 関連データ(多言語)

第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」(2017.4.12~7.25)のプロジェクト概要や参加者略歴などの一覧です。...
第92回地球一周の船旅が帰港 ー 人々の心を動かした、おりづるプロジェクトを終えて
2016/12/14

第92回地球一周の船旅が帰港 ー 人々の心を動かした、おりづるプロジェクトを終えて

2016年11月29日、第92回ピースボートで行われた第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加した被爆者5名、被爆二世1名、継承者1名、ユース2名が横浜港に帰着。「世代と国境をこえた継承――核兵...
おりづるプロジェクト 2016年(第9回)の報告書
INFO
2016/12/10

おりづるプロジェクト 2016年(第9回)の報告書

2016年8月18日から11月29日にかけて行われた第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の報告書です。...
核兵器禁止条約の実現に向け、ヒバクシャが世界で語り伝えました
2016/11/28

核兵器禁止条約の実現に向け、ヒバクシャが世界で語り伝えました

第92回ピースボートで行われた第9回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」では、13カ国17都市で被爆証言活動を行いました。「世代と国境をこえた継承――核兵器の禁止へ」をテーマに、被爆者5名、被爆二世・継...
太平洋の核被害者が交流・第90回ピースボートが帰港しました
2016/3/31

太平洋の核被害者が交流・第90回ピースボートが帰港しました

3月30日、タヒチやマーシャル諸島など核実験場となった南太平洋諸島を訪れた第90回ピースボート地球一周の船旅は、横浜大桟橋ターミナルに帰港しました。ピースボートは、福島原発事故から5年、チェルノブイリ...
【エッセイ】もう一度タヒチへ(ユース非核特使:福岡奈織さん 後編)
2016/2/26

【エッセイ】もう一度タヒチへ(ユース非核特使:福岡奈織さん 後編)

第7回おりづるプロジェクト(第83回地球一周の船旅)に、ユース非核特使(※)として乗船した福岡奈織(なお)さんの寄稿文を、2回にわたって紹介しています。広島の大学生である福岡さんは、21歳のときにピー...
【エッセイ】「被爆者」がただの「ひばくしゃ」じゃなくなった (ユース非核特使:福岡奈織さん 前編)
2016/2/16

【エッセイ】「被爆者」がただの「ひばくしゃ」じゃなくなった (ユース非核特使:福岡奈織さん 前編)

第7回おりづるプロジェクト(第83回地球一周の船旅)に、ユース非核特使(※)として乗船した福岡奈織(なお)さんの寄稿文を、2回にわたって紹介します。広島の大学生である福岡さんは、21歳のときにピースボ...
ピースボートの活動
PROJECTS