船旅レポート

大都市バンコクで人身取引の最前線から学ぶ – タイ
2018/12/10

大都市バンコクで人身取引の最前線から学ぶ – タイ

ここでは、第97回ピースボート・アジアグランドクルーズで訪れたタイ(バンコク)で行われたツアーを紹介します。ツアーでは、国際的な人身取引の拠点として利用されているバンコクの影に立ち向かう人々と出会い、...
【12/6】サーロー節子さんの記者会見を行います
INFO
2018/12/5

【12/6】サーロー節子さんの記者会見を行います

広島の被爆者でカナダ在住のサーロー節子さんが、先月より来日しています。昨年12月に核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)を代表してノーベル平和賞授賞式にて講演したサーローさんは、ピースボートの第1回「...
【2020年4月&8月出航】洋上保育園「ピースボート子どもの家」プログラムで参加者を募集しています
2018/11/25

【2020年4月&8月出航】洋上保育園「ピースボート子どもの家」プログラムで参加者を募集しています

子どもにも「世界」を体感させたい、家族で地球一周したい――そんな声に応えて始まったのが、小さな子どもと一緒に旅するプログラム「ピースボート子どもの家」です。2020年4月&8月出航クルーズで「地球一周...
東ティモール元大統領ラモス・ホルタ氏が乗船!独立への苦難の道と和解
2018/11/22

東ティモール元大統領ラモス・ホルタ氏が乗船!独立への苦難の道と和解

ここでは、第97回ピースボート・アジアグランドクルーズに乗船された東ティモールの元大統領、ホセ・ラモス・ホルタ氏の洋上講座を紹介します。ラモス・ホルタ氏は、東ティモール独立運動の指導者として、ノーベル...
「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」コーケーの森で地雷除去が終了しました
INFO
2018/11/16

「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」コーケーの森で地雷除去が終了しました

カンボジアで地雷を除去するのに必要な金額は1㎡あたり約100円。ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACは、地雷除去のための街頭募金「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」を全国で行って...
第98回ピースボートで「ガラパゴスの森再生プロジェクト」植林ツアーを実施しました
2018/11/16

第98回ピースボートで「ガラパゴスの森再生プロジェクト」植林ツアーを実施しました

第98回ピースボートでガラパゴス諸島を訪れるツアーを行いました。ツアーに参加した23名はパナマのクリストバルで一時下船し、そこから飛行機でエクアドル本土を経由してガラパゴス諸島へ。ガラパゴスには4日間...
川崎哲が新刊『核兵器はなくせる』を出版しました
INFO
2018/11/16

川崎哲が新刊『核兵器はなくせる』を出版しました

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員を務めるピースボートの川崎哲が、新刊『核兵器はなくせる』(岩波ジュニア新書)を出版しました。ピースボートのおりづるプロジェクトの体験などもふまえ、核を...
ピースボート35周年記念!2018年12月出航の「おりづるプロジェクト」に参加するユースを募集しています
2018/10/29

ピースボート35周年記念!2018年12月出航の「おりづるプロジェクト」に参加するユースを募集しています

2018年12月に横浜を出航する第100回ピースボート・南半球クルーズでは、広島・長崎の原爆被害の実相を伝えながら、核のない世界へアピールを行う、「おりづるプロジェクト」を実施します。このプロジェクト...
カンボジア手洗いプロジェクト・スナハイ小学校に石けんを届けました
2018/10/22

カンボジア手洗いプロジェクト・スナハイ小学校に石けんを届けました

ピースボートはLUSH(株式会社ラッシュジャパン)と協力し、ピースボートが地雷除去支援するカンボジア・スナハイ村の小学校に継続的に石けんを届けています。小学校で石けんを使いだしてから1年で、子どもたち...
【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)
2018/10/16

【寄稿】被爆者になるのはいつも誰かの大事な人(おりづるユース:安藤真子さん)

今回は、第96回ピースボート・オセアニア一周クルーズ(2018年1月出航)に、「おりづるユース」として乗船した安藤真子さんに寄稿いただきました。当クルーズでは、「おりづるプロジェクト〜オーストラリア特...
世界一周は、自分自身の脱皮のための旅
湯浅 誠
反貧困ネットワーク事務局長
もっと見る
湯浅 誠
垣貫 紀彦
垣貫 紀彦
災害救援と防災
地球一周は、世界中のたくさんの人が関わってつくられている旅です!