船旅レポート

エホアラ(マダガスカル):バオバブを植えて考える環境問題
2017/6/7

エホアラ(マダガスカル):バオバブを植えて考える環境問題

第93回ピースボート地球一周の船旅は、2017年1月、マダガスカルのエホアラ港に寄港しました。ここでは、植林活動を行った寄港地プログラムについて紹介します。この活動は、国連の持続可能な開発目標(SDG...
ポリネシア:先住民のアイデンティティと持続可能な発展
2017/5/31

ポリネシア:先住民のアイデンティティと持続可能な発展

第93回ピースボート地球一周の船旅では、南米から日本まで、ポリネシアの島々を訪問しながら、2017年3月に航海を終えました。ここでは、ポリネシアの島々での体験と、船に乗船したポリネシアの人々による持続...
洋上のモンテッソーリ保育園で、25名の子どもたちが地球一周しました
2017/5/18

洋上のモンテッソーリ保育園で、25名の子どもたちが地球一周しました

幼い子ども連れの家族の旅を応援したいとの思いから、2009年より始めた洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」。10回目となった2016年の第92回クルーズでは、2~6歳の子どもたち25名...
世界を変えるには、まずは自分から ― 2016年冬期 地球大学報告 
2017/5/9

世界を変えるには、まずは自分から ― 2016年冬期 地球大学報告 

2016年12月9日~2017年3月23日、第93回ピースボート地球一周の船旅で地球大学プログラムを実施し、18~29歳の27名の若者が参加しました。104日間の航海を通して「持続可能な社会をつくる」...
PEACE&GREEN BOATを紹介する絵本が韓国で出版されました
INFO
2017/5/6

PEACE&GREEN BOATを紹介する絵本が韓国で出版されました

日韓共催PEACE&GREEN BOAT2016に乗船した韓国の参加者が、この船旅を紹介する絵本を韓国で出版しました。絵本のタイトルは和訳すると『この船に乗って本当に良かった!』です。...
軍事力でなく世界に平和の文化を! 第94回ピースボート地球一周の船旅が出航しました
2017/4/13

軍事力でなく世界に平和の文化を! 第94回ピースボート地球一周の船旅が出航しました

第94回ピースボート地球一周の船旅が、4月12日13時に横浜港より出航しました。22カ国23寄港地をめぐる今回の船旅では、日本、中国、韓国などからおよそ1000名ほどの参加者が乗船しています。出航に先...
英語で学ぶ地球大学「特別プログラム」、 今夏は横浜ーヤンゴン間で開講します
2017/3/28

英語で学ぶ地球大学「特別プログラム」、 今夏は横浜ーヤンゴン間で開講します

世界各地で移民排斥論が高まり、分断と排除が安全や安定をもたらすのだという考え方が世界的に広がっているようにみえます。「平和な社会」とは何を意味し、どのようにして達成できるのでしょうか?今後のアジア太平...
【体験談】カンボジア地雷検証ツアーには、絶対に行って欲しい(林雄さん)
2017/3/23

【体験談】カンボジア地雷検証ツアーには、絶対に行って欲しい(林雄さん)

ピースボートの魅力のひとつは、内容の濃いスタディツアーです。中でも、カンボジアの地雷検証ツアーは、参加した人に強い印象を残しています。今回は、第92回ピースボートでカンボジア地雷検証ツアーに参加した、...
第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見
2017/3/19

第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見

「市民の力で核兵器を禁止するー過ちをくり返さないために」をテーマに、4月12日(水)に出航する第94回ピースボート地球一周の船旅において、第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を実施します。このプ...
第94回ピースボートが横浜を出航します-被爆者らが核兵器禁止を訴え、ベネズエラの若者の楽団も参加
2017/3/15

第94回ピースボートが横浜を出航します-被爆者らが核兵器禁止を訴え、ベネズエラの若者の楽団も参加

4月12日(水)、第94回ピースボート 地球一周の船旅が、横浜港から世界22カ国23寄港地を訪れる105日間の航海に出ます。この船旅には、日本をはじめ広くアジア各国から計約1000人が参加します。この...
旅には人生を変える不思議な力がある
鎌田實
諏訪中央病院名誉院長 / 作家
もっと見る
鎌田實
Jasna Bastic
Jasna Bastic
インターナショナル・スチューデントパレスチナ・中東紛争予防(GPPAC)
ジャーナリストとして、紛争に関する報道およびメディア・トレーニングを専門として活動しています。