活動レポート

福島の教訓を伝えるブックレットが14言語に広がっています
INFO
2017/6/26

福島の教訓を伝えるブックレットが14言語に広がっています

ブックレット「福島 10の教訓~原発災害から人びとを守るために」は、2015年3月の発表後、多くの言語に翻訳され、現在14言語(日本語、英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、...
日印原子力協定は核廃絶を掲げる日本外交を傷つける-参議院で川崎哲が意見陳述しました
INFO
2017/6/15

日印原子力協定は核廃絶を掲げる日本外交を傷つける-参議院で川崎哲が意見陳述しました

5月30日、ピースボートの川崎哲が参議院外交防衛委員会における日印原子力協力協定の承認問題の審議で参考人として意見陳述し、同協定をこのまま承認することは「核兵器廃絶を掲げる日本外交の基本姿勢を著しく傷...
エホアラ(マダガスカル):バオバブを植えて考える環境問題
2017/6/7

エホアラ(マダガスカル):バオバブを植えて考える環境問題

第93回ピースボート地球一周の船旅は、2017年1月、マダガスカルのエホアラ港に寄港しました。ここでは、植林活動を行った寄港地プログラムについて紹介します。この活動は、国連の持続可能な開発目標(SDG...
「核兵器禁止条約」と日本の安全 − 川崎哲インタビュー(前編)
INFO
2017/5/29

「核兵器禁止条約」と日本の安全 − 川崎哲インタビュー(前編)

国連で核兵器を禁止する初の条約となる、「核兵器禁止条約」が議論されています。しかしこの条約交渉に日本が参加しないということが話題になりました。7月にも採択されるとみられるこの条約とはどんなものでしょう...
洋上のモンテッソーリ保育園で、25名の子どもたちが地球一周しました
2017/5/18

洋上のモンテッソーリ保育園で、25名の子どもたちが地球一周しました

幼い子ども連れの家族の旅を応援したいとの思いから、2009年より始めた洋上のモンテッソーリ保育園「ピースボート子どもの家」。10回目となった2016年の第92回クルーズでは、2~6歳の子どもたち25名...
止めよう!辺野古埋立て 6月10日国会アクションのお知らせ
INFO
2017/5/18

止めよう!辺野古埋立て 6月10日国会アクションのお知らせ

今年4月25日、日本政府は辺野古の埋め立て区域を囲む護岸工事に着手しました。
これをうけて、6月10日、ピースボートが実行委員の一団体を務める「止めよう!辺野古埋立て国会包囲」実行委員会...
核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対しています
INFO
2017/5/17

核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対しています

5月12日、日本とインドの原子力協力協定の承認が衆議院外務委員会で可決されました。この協定は、核兵器保有国インドに対して日本が原発を輸出していくというものであり、福島原発事故の教訓をかえりみていないば...
世界を変えるには、まずは自分から ― 2016年冬期 地球大学報告 
2017/5/9

世界を変えるには、まずは自分から ― 2016年冬期 地球大学報告 

2016年12月9日~2017年3月23日、第93回ピースボート地球一周の船旅で地球大学プログラムを実施し、18~29歳の27名の若者が参加しました。104日間の航海を通して「持続可能な社会をつくる」...
PEACE&GREEN BOATを紹介する絵本が韓国で出版されました
INFO
2017/5/6

PEACE&GREEN BOATを紹介する絵本が韓国で出版されました

日韓共催PEACE&GREEN BOAT2016に乗船した韓国の参加者が、この船旅を紹介する絵本を韓国で出版しました。絵本のタイトルは和訳すると『この船に乗って本当に良かった!』です。...
核兵器禁止条約の交渉会議に参加しました
INFO
2017/5/1

核兵器禁止条約の交渉会議に参加しました

核兵器を全面的に禁止する条約を交渉する会議が、3月27日にニューヨーク国連本部で始まりました。ピースボートはこの会議に代表を派遣し、被爆者が発言することをサポートしたり、NGOとして独自の提言を発表す...
世界一周は、自分自身の脱皮のための旅
湯浅 誠
反貧困ネットワーク事務局長
もっと見る
湯浅 誠
Eduardo Vila
Eduardo Vila
"Travel broadens your mind" (旅が見聞を広げる)