全てのニュース

9/24【東京】核なき世界へ向けてー被爆国の役割を考える
イベント
2018/9/20

9/24【東京】核なき世界へ向けてー被爆国の役割を考える

このイベントでは、日本被団協の田中熙巳代表委員が基調講演を行い、トークとしてICAN国際運営委員をつとめるピースボートの川崎哲が登壇し、そこにゲストとして俳優の吉永小百合さんが加わります。ICANに贈...
川崎哲が新刊『核兵器はなくせる』を出版しました
INFO
2018/9/19

川崎哲が新刊『核兵器はなくせる』を出版しました

核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員を務めるピースボートの川崎哲が、新刊『核兵器はなくせる』(岩波ジュニア新書)を出版しました。ピースボートのおりづるプロジェクトの体験などもふまえ、核を...
9/26【東京】核兵器の終わりの始まり~ICANノーベル平和賞受賞後の世界を航海して~
イベント
2018/9/18

9/26【東京】核兵器の終わりの始まり~ICANノーベル平和賞受賞後の世界を航海して~

先日、世界22カ国を巡ったピースボートが帰港しました。このクルーズは、ピースボートが国際運営団体を務める「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」がノーベル平和賞を受賞後初の地球一周の船旅として、世界...
【支援物資活動レポート】第98回ピースボート地球一周の船旅
2018/9/18

【支援物資活動レポート】第98回ピースボート地球一周の船旅

ピースボートUPA国際協力プロジェクトでは、世界各地へ「支援物資」を届ける活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりを行っています。第98回ピースボート地球一周の船旅(2018年5月8...
辺野古の海への土砂投入を止め、新基地建設を白紙撤回するよう求めていますー共同声明にご賛同ください
INFO
2018/9/13

辺野古の海への土砂投入を止め、新基地建設を白紙撤回するよう求めていますー共同声明にご賛同ください

9月7日、「普天間・辺野古問題を考える会」が衆議院議員会館にて記者会見を行い、「辺野古の海への土砂投入計画並びに新基地建設計画の白紙撤回を求める」共同声明を発表しました。この声明には、ピースボートから...
第99回ピースボートが出航!被爆者とともに、持続可能な未来への船出
2018/9/3

第99回ピースボートが出航!被爆者とともに、持続可能な未来への船出

2018年9月1日(土)、ピースボート35周年を記念する第99回ピースボート地球一周の船旅が、約1000人の参加者を乗せ、横浜港を出航しました。世界21カ国24寄港地をめぐる108日間の船旅です。この...
9/23 核兵器のない世界のために私たちができることー毎日小学生新聞×ピースボート
INFO
2018/9/1

9/23 核兵器のない世界のために私たちができることー毎日小学生新聞×ピースボート

9月23日、小・中学生を対象にした「核兵器のない世界のために 私たちができること」というイベントが毎日小学生新聞の主催で開催され、ピースボートはこれに協力します。2017年のノーベル平和賞を受賞したI...
10/31【東京】「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。〜#MeTooと 性被害をめぐる社会の現状〜
イベント
2018/9/1

10/31【東京】「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。〜#MeTooと 性被害をめぐる社会の現状〜

自身が受けた性暴力について語り、連帯する「#MeToo」の動きが、昨年から世界的に盛んになりました。それでも、苦しい思いを声に出せずにいる被害者がほとんどです。「そんなことはよくあること」と軽視され、...
10/17【東京】すぐそばにある「貧困」〜私たちが安心して生活するために〜
イベント
2018/9/1

10/17【東京】すぐそばにある「貧困」〜私たちが安心して生活するために〜

「貧困」とは何でしょう。生存が脅かされている状態にある「絶対的貧困」もあれば、経済的な理由から、その社会の水準において生活を営むことが難しい「相対的貧困」もあります。厚生労働省の調査によれば、6人に1...
【出航記者会見】ピースボート35周年!被爆者とともに、持続可能な未来への船出
2018/8/28

【出航記者会見】ピースボート35周年!被爆者とともに、持続可能な未来への船出

1983年9月2日、第1回ピースボートクルーズは、「反核をたたかう太平洋の島々と交流する船旅」として大海原に出航しました。学生たちが主体となりはじまったこのクルーズは、約159人の参加者と共に太平洋の...
異論を受け入れる空間
伊勢崎 賢治
東京外国語大学総合国際学研究院教授
もっと見る
伊勢崎 賢治
保田 悠太
保田 悠太
ピースボールプロジェクト災害救援と防災UPA国際協力プロジェクト
世界はあなたを待っています!