堀場万生(ホリバ マキ)

堀場万生
波のおかげでたえず揺れ動く船の上のように、いつも自分の観方や価値観を揺らがせる。
そしたらきっと、誰かにとって優しくなれるはず。

ピースボートでのお仕事

情報宣伝活動の部署にいます。船旅へ行きたい人、気になる人、迷っている人…色ん な想いを抱えている方々と話しつつ、支えつつ、旅路につく迄のイメージ化の手伝いを主な仕事としています。電話したり、皆さまの町まで出かけ たり。

ピースボートへの思い

自身の日々の問題関心は、継承すべき過去の記憶があるとしたら私達や次世代の子どもたちはどうやって後継することができるのか、ということにあります。人はどのように「歴史認識」を構築するのでしょうか。そんなことを考えるために船に乗ることを決め、また今朝も目が覚めたのかもしれません。
あなたは誰でしょう。私は誰でしょう。私とあなたとが今生きているのはどんな社会 なのでしょう。私たちは、過去を知り、未来を見据えることで、今日を有り難く生きることができるのだと思います。地球一周の船旅では、過去の継承と忘却との拮抗が、日本や東アジアのみならず世界中で起っていることを実感しました。今まで知りもしなかった地で、背景・経緯は違えども 同類の葛藤を抱えている人、されど強い心で前進する人たちにも出会いました。
百学も万物もきっと連環しているのだと思います。果てなどなく地球は丸いということを、このピースボートという船は気づかせてくれることでしょう。一緒に乗りませんか?あなたと共に笑い、悩むことができたら嬉しいです。

注目しているピースボートの活動

歴史と和解
ピースボートが設立当初からこだわってきた、歴史に学び、未来の平和を築くための交流と対話の場を築く取り組みです。
紛争予防(GPPAC)
GPPAC (ジーパック) は、紛争予防や平和構築に関する国際的な世論形成と政策提言を世界各地で行う活動です。
おりづるプロジェクト
おりづるプロジェクトは、広島・長崎の原爆の被爆者とともに世界をめぐり、核廃絶のメッセージを各地に届けるプロジェクトです。

プロフィール

出身地:
愛知県名古屋市
趣味:
記憶・史跡巡り、読書、絵を描くこと、映画鑑賞、楽器遊び

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
井上綾乃
井上綾乃
災害救援と防災SDGs キャンペーン
ピースボート災害ボランティアセンターで災害支援や防災・減災に関わる仕事をしています。災害への備えや、災害ボランティアについてのセミナー、講演等を行なうチームでの業務や、障害と防災・減災に関することを中心に行なっています。