Jasna Bastic(ヤスナ・バスティッチ)

Jasna Bastic
ジャーナリストとして、紛争に関する報道およびメディア・トレーニングを専門として活動しています。

ピースボートでのお仕事

ヨーロッパの大学と協力しながら、国際奨学生プログラム(インターナショナル・スチューデント[IS]プログラム)作りを行っています。2005年から定期的にドイツのチュービンゲン大学の大学院生が乗船するプログラムなどを担当しています。乗船する際には私も講座やワークショップを行います。船内で行ってきた企画は「紛争分析」「非暴力による紛争解決」「メディア・リテラシー」「 核軍縮」「アラブの春」「北アフリカと中東の政治情勢」など多岐にわたります。「社会的・政治的変革」と「音楽のつながり」についてのワークショップも行っています。

ピースボートへの思い

私は定期的に船に乗っていますが、船の環境に慣れるのは不可能だと思います。乗船するたび、初めて乗るような感覚です。すべてのクルーズは異なっていて、それぞれにそれぞれの新しい発見があります。ピースボートには新しい人、新しい友達、見たことのない国、刺激的なテーマ、息を呑むような美しい風景、 そしていつも新しい体験や学びがあります。世界を一緒に旅する仲間は一生心に残る特別な友達です。私にとって、ピースボートの船の上のコミュニティーの姿は調和が取れた幸せあふれる理想の世界の姿に似ています。みんなでお互いのことを支え合い、すべての人の居場所があり、すべての人が重要な存在です。世界全体がこうなる姿をいつか目にしたいと願っています。

注目しているピースボートの活動

インターナショナル・スチューデント
紛争、貧困、環境問題をテーマにした洋上プログラムに世界各国の若者を招待し「地球市民」を育てます。
パレスチナ・中東
長引く紛争のため、難民となったり、軍事占領下に置かれている人々をサポートするプロジェクトです。
紛争予防(GPPAC)
GPPAC (ジーパック) は、紛争予防や平和構築に関する国際的な世論形成と政策提言を世界各地で行う活動です。

私の好きな地域

アジア

プロフィール

出身地:
ボスニア・ ヘルツェゴビナのサラエボで産まれましたが、90年代に紛争が起きたため難民としてスイスに渡りました。それ以来、スイスのチューリッヒに住んでいます。
趣味:
映画、特にドキュメンタリー映画、ブルース音楽と日本の芸術が好きです。和食が大好きで、チューリッヒで一番おいしい寿司屋さんを知っています!

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
岩山 穣
岩山 穣
ピースボールプロジェクト地雷廃絶キャンペーン(P-MAC)UPA国際協力プロジェクト
一期一会 出会いを大切に!