奥永 徳人(オクナガ ノリト)

奥永 徳人
毎日にわくわくをー。

ピースボートでのお仕事

ピースボートのクルーズ問い合わせ相談窓口担当です。「資料を送ってほしい」、「説明会に参加したい」、「ピースボートについて詳しく知りたい」という方からの問い合わせを受け付けています。

ピースボートへの思い

ピースボートに関わって、人と向き合うことの大切さを学びました。ピースボートの船には参加者の方が一度に約900名乗船し、三ヶ月間で地球をぐるっと一周します。さらに寄港地についたら、現地の方との交流も行われます。ひとつの旅で本当にたくさんの人と出会いますが、どの出会いにも意味があり、大切なものだと実感します。お互いが向き合えば、性別や年齢、国籍も超えて友達になれるものだと、ピースボートに乗船して「体験」「理解」することが出来ました。ピースボートの魅力は、通常の旅行では訪れにくい国やピースボートの船旅ならではの経験が出来るという所です。私は、2012年5月~8月で地球を一周した第76回クルーズに乗船していましたが、船旅ならではの世界二大運河はもちろん、76回クルーズのハイライト・ソグネフィヨルドも圧巻でした。個人の旅ではあまり行かない中南米の国にも訪れることができます。「一生に一度」の感動を多くの人と共有出来るのもピースボートの魅力です。

注目しているピースボートの活動

紛争予防(GPPAC)
GPPAC (ジーパック) は、紛争予防や平和構築に関する国際的な世論形成と政策提言を世界各地で行う活動です。
地球大学
「地球一周の船旅」という学びの場を活かした、グローバルな視点を養う平和教育プログラムです。
グローバルスクール
ピースボートグローバルスクールは、「ヒト多様性」を体験しながら学ぶ、新しいカタチの洋上フリースクールです。

プロフィール

出身地:
三重県松阪市
趣味:
野球

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
大村 祐子
大村 祐子
OKINAWAUPA国際協力プロジェクト福島子どもプロジェクト
Think Globally Act Locally
旅して地球を見ながら、身近なところで行動。