平 一廣(タイラ カズヒロ)

平 一廣
生徒さんにポジティブ思考を言ったり、書いたりすることを勧めています。「まだ7ページもある」ではなく、「あと7ページだ、頑張ろう!」と口にだす。 ことばはイメージを作り、常にイメージを意識することで、それはやがて現実と な

ピースボートでのお仕事

GET高田馬場校専任として、レッスン・スポット講座企画担当、対受講生対応等をまかされています。東京GETの受講生は乗船客同様シニア層が過半数を占めていますが、今後は20代~30代を中心とした若い受講生をもっと増やしていきたいです。世界中で20億人以上もの人が使っている英語は実はとても多様性に富むことばで、民族、地域、地理、文化背景等の違いによりさまざまな表情を持っているのです。GETで学べば、自分の英語にきっと自信が持てるようになります。正しい英語より「通じる英語」の大切さをもっと多くの人達に知っていただくことが私のミッションです。

ピースボートへの思い

ピースボートはこれまでに関わったどの会社組織とも異なるユニークな集合体だと感じます。組織である以上トップ以下各部署にはリーダーがいて、部下がいる。ひとつのプロジェクト(クルーズやイベント)ごとにチームを組んで仕事を進める。メンバーはその都度変わりますから、構成員にはチームプレイヤーであることが求められます。そして、ここが私がここで学んだ最もすばらしい点ですが、皆が「仕事は自分で見つけるもの、作り出すモノである」ことを理解し、実行している点です。ピースボートファミリーであるGETでも同じで、前例がないからやらないではなく、「言い出しっぺがまずはやってみる」というカルチャー。私も含めて、人生でピースボートと出会った人は幸せです。

プロフィール

出身地:
生まれは東京ですが、心の故郷はもう20年以上住んでいる横浜です。
趣味:
ランニング 水泳 料理 ギターを弾くこと 映画鑑賞等

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
阪尾 由香里
阪尾 由香里
地球大学グローバルスクール子どもの家
「自分に地球一周なんてできるのか?」そんな不安よりもまず、地球一周したい!という自分の心に耳を傾けてみて下さい。
まずは一歩踏み出しましょう。
不安なんて吹き飛ばす色んな出会いが、世界中で待っています。