小泉 紀子(コイズミ ノリコ)

小泉 紀子
千里の道も一歩から(孔子) 国境を越えて人と人が繋がっていくことで平和に一歩ずつ近づいて行く

ピースボートでのお仕事

乗船中は、洋上語学プログラムGETの生徒側コーディネーターを担当。受講生のカウンセリングをはじめ、より楽しく学習していただけるようにプログラムを運営します。簡単な英会話フレーズや文法などの語学やコミュニケーションのワークショップをはじめ、留学など海外に行く方法についての企画を行う他、環境や教育、異文化に関連した企画も行います。東京では、GET高田馬場校の運営、語学学習のサポートや洋上プログラムのサポートの他にイベントの企画等を通して言語を使ったコミュニケーションの楽しさを味わい、異文化や世界について考え、学べる場作りに携わっています。

ピースボートへの思い

ピースボートに乗船し、様々な可能性に気づきました。「できるかできないか」よりも、「やる気」や「やってみること」の大切さを知ったのです。可能性が広がると迷いも多くなりますが、それもチャレンジの一つ。今までには決してやらなかったことにチャレンジできるようになったことは本当に大きな収穫です。また、コミュニケーションの大切さと現地に行くことの大切さも再認識しました。現地の人と出会い、交流し、学ぶことで自分を取り巻く世界が果てしなく広がります。一人でも多くの人に一人でも多くの人と繋がっていってほしいと願い、言語面からそのお手伝いができれば嬉しいです。

注目しているピースボートの活動

ガラパゴスの森再生プロジェクト
危機に陥っているガラパゴスの環境問題。ここで森の再生を行うために、固有種の植林を行うプロジェクトです。
インターナショナル・スチューデント
紛争、貧困、環境問題をテーマにした洋上プログラムに世界各国の若者を招待し「地球市民」を育てます。
地球大学
「地球一周の船旅」という学びの場を活かした、グローバルな視点を養う平和教育プログラムです。

プロフィール

出身地:
宮城県仙台市
趣味:
ヨガ 旅行 映画 もの作り

ピースボートをもっと詳しく

ピースボートについて
ABOUT
Adrian Godinez
Adrian Godinez
おりづるプロジェクトグローバルスクールSDGs キャンペーン
ひとりで見る夢は夢でしかない。誰かと共に見る夢は現実だ。