「核なき世界」を訴えた記録ドキュメンタリー映像 『I Was Her Age /過去と今の対話』が完成しました

「核なき世界」を訴えた記録ドキュメンタリー映像 『I Was Her Age /過去と今の対話』が完成しました横浜港に降り立った「第8回ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加者ら
戦後70年、そして同時に原爆投下から70年にあたる今年、第8回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を実施しました。クルーズでは、「被爆70年〜未来へつなぐ〜」をテーマに、8名の被爆者と3名のユースが、世界19カ国で国籍や世代を越えて被爆証言を行いました。その105日の旅の様子を描いた記録ドキュメンタリー映像、『I Was Her Age /過去と今の対話』が完成いたしました。

インターネット上で視聴することができます

核兵器の使用や核施設の事故は、いつ起きるか誰にもわかりません。今この瞬間にも、核が私たちの生活を一瞬にして破壊してしまう可能性はあるのです。だからこそ、被爆者が「過去」のことではなく「今」のこととして世界の人たちと対話をし、どう若い世代へ継承していくかを模索したこの旅を伝える意味があるはずです。

今クルーズでは、世界6000以上の都市が加盟する「平和首長会議」とピースボートが初めての合同プロジェクトとなる「過去と今の対話プロジェクト」を実施しました。そこでは、インド、ベルギー、ドイツなどの10カ国で、被爆者と子どもたちやその親たちとの対話の場を設けました。また、ドイツ、スウェーデン、ノルウェー、アイスランドなどでは、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)や現地のNGOとともに核兵器禁止条約の交渉開始に向けたキャンペーンも行っています。

世界25カ所の都市で出会ったのは、小学生から大学生までの学生、親や教師、そして市長の方々です。国によっては大統領や大臣などともお会いする事ができました。映像には、そうした人々が、日本から来た被爆者の話を聞き、戦争も核兵器に対する思いを共感する姿や、被爆者と家族のように親しくなった若者が、継承の形を模索する姿が記録されています。

70年前の記憶が薄れ、戦争や兵器利用が再び起こりえる今だからこそ、映像を通して平穏な日常の貴重さに気づき、過去を繰り返さないよう心に留めてもらうこと。そして、今世界的にも注目をされている「核兵器禁止条約」実現への意識を高めていくために一人でも多くの方に見て頂きたい映像です。

映像『I Was Her Age /過去と今の対話』は、以下のリンクから自由にダウンロードすることができますので、鑑賞・上映をして「核なき世界」への被爆者の思いを広め、みなさんの具体的な行動の一つとしてお役立てください。

※なお上映会を開催される場合は、下記までご一報いただけると幸いです。
info@peaceboat.gr.jp

<映像に関する情報>
題名:I Was Her Age /過去と今の対話
制作・監督:エマ・バゴット(英国)
製作:ピースボート、平和首長会議2020ビジョンキャンペーン
時間:33分
映像は以下のリンクより視聴できます(ダウンロードも可能です)

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS