日本の安保法制の問題点をBBCラジオ等で世界に発信しています

日本の安保法制の問題点をBBCラジオ等で世界に発信しています
ピースボートは、日本の国会で現在審議されている安保法制の問題点と、憲法9条を維持し世界に広げていくことの重要性について、国際的なメディアに対して積極的に発信しています。このたび、川崎哲がBBC World Serviceのラジオ取材を受け、その内容が多くの国々のラジオ番組で放送されています。
このたび取材を受けた川崎のコメントは、以下のような番組で放送されています。ピースボートは、安保法制に反対している日本の代表的な平和団体の一つとして取り上げられ、川崎はその中で、この安保法制は憲法9条を骨抜きにし日本の戦後平和主義を根本的に転換させるもので、東アジアの軍拡競争を誘発する危険性が高いこと、領土問題や地域の脅威に対しては冷静で平和的な解決策を見いだすべきであることなどを述べています。

・Buddhism, Shinto and 'Proactive Pacifism'
Heart and Soul
BBC World Service

・August 7 and 14, 2015
Earshot
ABC Radio

・FSRN
Japan considers expanding military mandate; critics defend post-war tradition of pacifism

・DW
Change to Japan's post war pacifism clause sparks protests

ラジオ・サイトへのリンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS