2011年の主な取り組み

プロジェクト:SDGs キャンペーン
2011年の主な取り組み
第74回ピースボートでミレニアム開発目標をテーマにした写真展を開催(2011年7月)
2011年7月19日に横浜を出航した第74回地球一周の船旅の洋上および寄港地にて、国連開発計画(UNDP)、オリンパス株式会社の協力のもと、ミレ ニアム開発目標(MDGs)写真展「世界を写そう(Picture This):私たちは貧困を終わらせる」を開催しました。

MDGs写真展は、UNDP、オリンパス株式会社、AFP財団の3社共同主催で2010年に行った写真コンテスト「世界を写そう(Picture This):私たちは貧困を終わらせる」の受賞作品を中心に、ニューヨークの国連本部や日本各地で開催されてきました。写真コンテストには世界各国から 3400点以上の応募がありました。74回クルーズでの写真展では、写真コンテストの紹介パネルや受賞作品22点などをシンガポールなどの寄港地にて展示しました。

「極度の貧困や飢餓の半減」など、貧困のない世界の実現に向けた8つの目標「MDGs」の達成期限である2015年まで、あとわずか3年となりました。今 回の東日本大震災でも明らかになったように、地域の発展や復興には国際的協力が不可欠です。わたしたちは今こそ貧困問題に世界各国が協力して取り組みべきだということを写真展を通してアピールしました。

また、写真とともに、寄港地にて写真展に訪れる人たちが描き足していくことのできる絵も同時に展示しました。MDGsがテーマであるこの絵は、シンガポー ルの団体「ソーシャル・クリエイティブス」が作成したもので、2012年4月に船が再びシンガポールを訪れる時までにさまざまな寄港地にて絵が描き足されていきました。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS