「キューバで伝える被爆の歴史」 過去の訪問が中国新聞で掲載されました

プロジェクト:おりづるプロジェクト
「キューバで伝える被爆の歴史」 過去の訪問が中国新聞で掲載されましたフィデル・カストロ元国家評議会議長(中央)、被爆者と一緒にキューバ・ハバナにて(2012年3月)
キューバの首都ハバナでは毎年8月に被爆の記憶を受け継ぐイベントが行われています。市中心部にある広場には、平和の象徴であるハトの壁画があり、そこから続く路地が「平和の小道」と呼ばれ、平和に関する勉強会や子どもたちによる合唱が行われています。
「キューバで伝える被爆の歴史」 過去の訪問が中国新聞で掲載されました平和の小道の先にある「ハトの壁画」 ハバナ区
2012年3月には、ピースボートが主催する「ヒバクシャ地球一周証言の航海」のプロジェクトで、広島・長崎のヒバクシャが立ち寄り、被爆証言を行いました。その訪問について、中国新聞に取り上げられました。

●被爆地思うキューバの小道 コーラスや演奏平和イベント20年 (中国新聞 2015年5月16日) 

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS