ピースボートが植林した苗が大きく育っています(2007年)

ピースボートが植林した苗が大きく育っています(2007年)
2007年5月1日、第56回ピースボート「地球一周の船旅」を通じて、ガラパゴスを訪問したメンバーが植えたスカレシアの苗。
 定期的にガラパゴスを訪問するピースボートクルーズの参加者や、このプロジェクトのパートナー「日本ガラパゴスの会(JAGA)」の皆さんから、スカレシアの成長の様子が届いています。

ピースボートが植林した苗が大きく育っています(2007年)'07年5月に植えたスカレシアの苗(写真:藤原幸一)
写真は2007年5月1日にピースボートがスカレシアの苗を植えた時のもの。この時はひざ丈くらいの小さなもので、ほんとうに「苗」という表現がぴったりでした。

 それから約6ヶ月、現地チャールズ・ダーウィン研究所の皆さんによる水やりなどのケアと、ガラパゴスの大きな太陽によって、スカレシアはぐんぐん成長しています!

2007年8月にはこんなに大きくなりました!

ピースボートが植林した苗が大きく育っています(2007年)↑身長138cmの参加者と並ぶとこんな感じ。すくすく大きくなってます

2007年11月には

ピースボートが植林した苗が大きく育っています(2007年)スカレシアと記念撮影。 半年でこんなに大きく成長しました

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS