おりづるプロジェクト 支援金のお願い

プロジェクト:おりづるプロジェクト
おりづるプロジェクト 支援金のお願い
ピースボートは、被爆国・日本を本拠とする国際NGOとして、核兵器の非人道性を世界に訴え、核兵器を包括的に非合法化することに貢献することが世界的な使命であると考えています。そして「おりづるプロジェクト」として、広島・長崎の被爆者とともに船旅を通じて各地で原爆被害の証言をし、核廃絶のメッセージを世界に伝える活動を行っています。

ヒバクシャ地球一周 証言の航海

おりづるプロジェクト 支援金のお願い
2008年から年に1回の地球一周プロジェクトに広島・長崎の被爆者が参加しています。これまでに参加した被爆者は142名に上ります。「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」は広島市、長崎市、日本原水爆被害者団体協議会などの後援を受けています。また、2011年以降に参加した被爆者19名(うち1名は被爆2世)は、日本政府より「非核特使」として委嘱されています。(以上、2012年5月現在)

多くの国では、ヒロシマ・ナガサキについて聞いたことはあっても実体験は聞いたことも読んだこともないという人がほとんどです。今日まで続く放射線の被害についても知られていません。しかし被爆者が直接世界に訴えられる時間は限られています。

ピースボートの活動は、世界の多くの核被害者や戦争被害者とも連帯するものです。タヒチでは核実験の被害者、ベトナムでは枯れ葉剤の被害者、アウシュビッ ツではホロコースト生存者と交流してきました。中国やシンガポールの交流では、日本による過去の侵略戦争を振り返りました。

それぞれの経験に学びながら、過ちをくり返さず、核も戦争もない未来をつくるための協力を模索しています。

世界各地で証言活動

地球一周のほかにも、船旅への部分参加や国際会議への出席といった形で被爆者の証言活動を促進しています。寄港また訪問する先々では市長に表敬訪問し平和 市長会議への加盟を促しています。政府高官に面会し核軍縮の働きかけを行うこともあります。2008年10月には国連総会、2010年5月には核不拡散条 約(NPT)再検討会議、2011年3月にはジュネーブ軍縮会議で被爆者の証言活動を行いました。

こうした証言活動と並行して、各国の専門家、NGO、国会議員、国連職員らを船上に招き、核兵器禁止条約のためのセミナー(2010年6月)や中東非核地帯化のための洋上会議(2011年3月、2012年3月)を開催しました。

核のない世界へ 今できること(ブックレット)

おりづるプロジェクト 支援金のお願い
なぜ今核なのか、いま世界に核はどれくらい存在するのか
核実験やウラン採掘で被爆しているグローバル・ヒバクシャとは誰なのか
という疑問に答え、ピースボートのおりづるプロジェクトを紹介するブックレット
「核のない世界へ 今できること」。下のリンクからダウンロードできます。
核問題の基本教育教材として是非ご活用ください。「自分にもできること」も提案しています。

支援金のお願い

おりづるプロジェクトは皆さんからの支援金によって支えられています。支援金は、寄港地での運営プログラムの準備費用などに充てられます。

郵便振替口座:00180-3-177458  
ゆうちょ銀行:〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座0177458
加入者名:ピースボート
(※個人1口:2,000円、団体1口:10,000円からお願いします)
※郵便振替の方は通信欄に「オリヅル」と明記して下さい。
※ゆうちょ銀行をご利用の方は振込依頼人名の前に「オリヅル」とご記入ください。

応募締め切り

随時募集

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS