沖縄・辺野古への訪問が地元メディアに報道されました

プロジェクト:OKINAWA
沖縄・辺野古への訪問が地元メディアに報道されました
2015年3月27日、約700名を乗せたピースボートショートクルーズが沖縄に寄港しました。そのうち50名が辺野古基地建設に反対する市民らが集まる米軍キャンプ・シュワブゲート前の集会へ参加し、その様子が沖縄地元メディアで報道されました。
・琉球新報(2015年3月28日)
「海上作業確認されず ピースボート50人が抗議」

・沖縄タイムス(2015年3月28日)
「ピースボート反基地へ訪問 シュワブゲート前」

ツアーに参加したアメリカ出身のヴァン・ブルースさんは「米国人として沖縄で起きていることを申し訳なく思う。戦争に苦しめられてきた沖縄は平和であるべきだ。基地も戦争もいらない、平和がほしい」と語りました。

船上では、水先案内人(洋上講師)として乗船していた大田昌秀元沖縄知事から、沖縄の歴史についての講座が行われるなど、基地問題を改めて考える機会となりました。

ピースボートの沖縄に関する活動は以下をご覧ください。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS