アフリカの若者と防災について学ぶ

プロジェクト:災害救援と防災 寄港地エリア:アフリカ クルーズ: 第86回 地球一周の船旅
アフリカの若者と防災について学ぶ
ここでは、第86回ピースボートで行われた「災害に強い都市の構築」キャンペーンの様子を紹介します。
アフリカの若者と防災について学ぶ
マダガスカルから南アフリカまでの区間にあたる2014年12月18-23日、ピースボートとピースボート災害 ボランティアセンター(PBV)は、アフリカの若者(以後アフリカン・ユース)を船に迎え、災害時の被害を最小限に抑えるための防災促進プログラム「災害に強い都市の構築」キャンペーンを行いました。この取り組みは、ピースボートが国連国際防災戦略事務局(UNISDR)(※1) とともに進めているものです。

ピースボートは、2014年からこの世界防災キャンペーンの公式パートナーにな りました。年間3回の地球一周の船旅を通して60以上の港町を訪れるという特徴を活かし、1つでも多くの市町村や自治体に「災害に強いまちづくりのための必須 10項目」の導入を呼びかけています。このキャンペーンは、クルーズで実施するのは84回クルーズに次いで2回目となります。

12月18日、審査を経て選ばれた次代を担う若きリーダーたちがマダガスカル、モザンビーク、南アフリカから6名、さらに 国連関係者がケニアから2名乗船し、日本からの参加者約800名が乗る船に合流しました。今回は、「災害に強い都市の構築」キャンペーンの促進だけでなく、アフリカン・ユースにとって大きな学びと気づきを得られるような場の提供を目指し、災害リスク軽減や災害に強いコミュニティを構築するための取り組みや、これまで の経験をお互いに共有できるようなプログラムを企画しました。

アフリカの若者と防災について学ぶ アフリカン・ユースは、次の豪雨に備えて排水溝の掃除を手伝いました。 
プログラム初日は、モザンビークで活動する現地のNGO団体の協力を得て、防災・減災を考えるツアーが実施されました。豪雨により被害を受けた地区を訪れ、洪水などにより地域住民の健康や衛生問題が表面化していることを学びま した。

泥や瓦礫で排水溝が詰まると、洪水によって住宅に被害が出たり、感染症が蔓延したり、子ども達が学校に通えなくなるなど、深刻な状況に直面してしま います。一つの災害が、衛生面、水、教育、そして持続可能な開発など、多方面に影響をもたらすことが懸念されています。受け入れ団体のリーダーは、「このようにツアーなどで外部からの人を受け入れることで、危険で恵まれてないと思われていた地域への偏見が少しでも緩和され、雇用創出にも貢献するなど、地域力の強化が期待できる」と語りました。

アフリカの若者と防災について学ぶ
モザンビークを出港しケープタウンに到着するまでの4日間で、アフリカン・ユースは、防災に関する幅位広いテー マのワークショップや、船内でイベントを行いました。UNISDRアフリカ事務所の職員が「災害に強い都市の構築」キャンペーンを紹介し、アフリカのユースネットワークの代表からは「ユースと防災」というテーマでレクチャーをしてもらいました。ピースボート災害 ボランティアセンターのスタッフであるロビン・ルイスは、2011年の東日本大震災で学んだ、他国で活かしてほしい教訓を伝えました。最終日には、今回のプログラムで学んだことや帰国してから取り組みたい課題などを、ピースボートの参加者に向けて発表する場を設けました。

「ここで過ごした時間の意義は、自分たちが帰国してから実際にどう活動できるかにかかっている。」と強く自覚したアフリカン・ユースたちは、下船してから後も連携していけるように、「アフリカン・レジリエント・ユース(ARY)」というグループのメンバーになりました。さ らに、グループとして、また個々の行動目標を記した「オーシャンドリーム宣言」を発表し、災害に強いコミュニティづくりに貢献することを誓い合いました。

※オーシャンドリーム宣言は、現在NGOピースボートが使用している客船「オーシャンドリーム号」に由来しています。

アフリカの若者と防災について学ぶ
今年の3月、仙台では第3回国連防災世界会議(※2)が開催され、2015年以降の国際的な防災枠組が策定されます。それぞれの国に適応した災害対策導入や、災害に強いまちづくりに、これからの未来を担う若きリーダーたちのさらなる活躍が期待されます。

※1  国連国際防災戦略事務局(UNISDR)

ジュネーブを本部として2000年に発足し、持続可能な開発に不可欠な要素としての防災の重要性を高め、自然災害による被害・損失の減少、災害リスクの軽減を目指し、災害に強い国やコミュニティをつくりだすことを目的としています。UNISDRは国連組織の防災担当部局とし て、国際防災協力の枠組みを築き、調整するための役割を果たすと共に、各国の防災政策実施を支援し、多くのパートナー機関と共に「兵庫行動枠組 (HFA)」の実施推進、進捗状況のモニタリング及び報告を行っています。

※2 第3回国連防災世界会議

2015年3月14日~18日まで仙台市で開催されます

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS