長崎で「日韓市民相互尊重宣言」を発表しました

プロジェクト:PEACE&GREEN BOAT 寄港地エリア:アジア クルーズ: 第7回 日韓クルーズ
長崎で「日韓市民相互尊重宣言」を発表しました
ピースボートと韓国の環境NGO環境財団が共催するPEACE&GREEN BOAT2014は11月7日(金)、長崎に寄港し、10月30日に博多を出航して以来の同クルーズの成果を記者会見し発表しました。
長崎で「日韓市民相互尊重宣言」を発表しました(写真は、左から、長崎市長・田上富久氏、吉岡達也、チェヨル氏)
記者会見では、吉岡達也ピースボート共同代表と、チェヨル環境財団代表(両名ともにPEACE&GREEN BOAT共同代表)が、同クルーズの意義と成果を語り、日韓両国の関係改善を強く求める「日韓市民相互尊重宣言」を発表しました。

また、来年のPEACE&GREEN BOATの概要、とりわけ被爆70周年にあたる2015年8月9日(日)に長崎に寄港することを発表しました。


記者会見に引き続きおこなわれた船内イベントPEACE&GREEN NIGHT IN NAGASAKIでは、長崎市長からのご挨拶、被爆者や高校生のスピーチ、韓国のアーティストによるパフォーマンスとあわせて、「いのちを大切にするアジアへ」をテーマにシンポジウムをおこないました。


なお、PEACE&GREEN BOAT2014の長崎寄港の様子は、以下のメディアで報道されています。
◆毎日新聞 2014年11月8日長崎面
「命優先の社会を <日韓市民相互尊重宣言>発表 ピース&グリーンボート」
◆長崎新聞 2014年11月8日
「<ピース&グリーンボート> 長崎寄港 核廃絶訴え 来年原爆の日」
◆朝日新聞 2014年11月9日長崎面
「ピース&グリーンボート、日韓の客乗せ長崎寄港」

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS