今こそ核兵器の禁止を!-NPDI広島外相会議に市民の声を届けます

プロジェクト:核廃絶 寄港地エリア:アジア クルーズ: 第83回 地球一周の船旅
今こそ核兵器の禁止を!-NPDI広島外相会議に市民の声を届けます(写真は、核の非人道性に関する第1回国際会議の会場前で核兵器廃絶を求める世界の若者ら。2013年3月、のノルウェー・オスロ)
4月11~12日、非核12カ国グループ「軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)」の外務大臣会合が広島で開催されます。ピースボートは広島・長崎の被爆者の方々や国内外のNGOと連携して核兵器廃絶を訴えてきましたが、この機会に、各国の外相や高官らに対し「非人道兵器のきわみである核兵器を禁止条約をつくること」を求めます。
具体的には、スタッフ2名が広島に現地入りして、以下のような市民の取り組みや政府との対話を行います。

【4月11日(金)】
13:00~ シンポジウム「核兵器の非人道性と核兵器廃絶に向けた政府と市民社会の役割」(広島国際会議場。主催:NPDI外相会合支援推進協議会)にピースボートの川崎哲がパネリストとして参加。

16:30~ 外相たちとの意見交換会に、ピースボートの川崎哲が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)共同代表として参加。日本の岸田外相や豪州のビショップ外相らと意見交換。同会には、ほかに広島・長崎両市長、被爆者団体代表、高校生代表(ユース非核特使)らも参加。

【4月12日(土)】
10:00~ NGO会議「核兵器禁止への道筋」を、核兵器廃絶日本NGO連絡会として開催(場所:広島市民交流プラザ6階)。発言者は、ティルマン・ラフ(核戦争防止国際医師会議(IPPNW)、豪州)、スージー・スナイダー(PAX、オランダ)、ロレッタ・カストロ(ミリアム大学平和教育センター、フィリピン)など、ICANに集う世界各国の専門家ら。核軍縮・不拡散議員連盟(PNND日本。河野太郎会長)のメンバーである日本の国会議員らも参加。
ピースボートは、広島現地のグループと協力して、この会合のコーディネートを行っています。

13:00~ リレートーク「今こそ核兵器禁止を!」(平和記念公園・親水テラスにて)

18:30~ NGO共同記者会見(県民文化センター6階)。外相会合の成果を受け、国内外のNGO・専門家や国会議員がその評価を行います。

また、このNPDI会議に向けてピースボートが行ってきた活動の記録は、以下の関連ブログ記事でもご覧になれます。

●3月25日(火) 外務省とNGOの意見交換会を行いました。
●3月28日(金) 報告・討論会「核兵器の禁止へ~非人道性メキシコ会議を生かす道」を明治学院大学で開催しました。

なお、4月14日(月)の東京でのシンポジウム「武器からひとへ “安全保障費”を問い直す」(15時~、参議院議員会館)には、NPDI広島会合に集まる海外NGOゲストも参加します。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS