ピースボートが「9条世界会議・関西2013」に参加しました

ピースボートが「9条世界会議・関西2013」に参加しました
2013年10月13日(日)・14日(月・祝)に大阪で、9条世界会議・関西2013が開催されました。のべ5,500人の方々の参加と多くの平和団体、市民団体、そして日本国内だけでなく、米国、韓国、フランス、コスタリカなど海外からもゲストを迎え、成功を収めることができました。
ピースボートが「9条世界会議・関西2013」に参加しました(9条国際会議の第1分科会「戦争のない世界へ」)
10月13日(日)に関西大学で行われた9条国際会議では、約500人が参加しました。
ピースボートの川崎哲が第1分科会「戦争のない世界へ」のコーディネーターを務めました。
この分科会は、チュニジアの法律家ベルハッセン・エヌーリさん、米国の映画監督デイビッド・ロスハウザーさん、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子さん、神戸大学のロニー・アレキサンダーさんをパネリストに迎え、中東や米国の現状を学びながら、戦争のない世界をつくるための法的・政治的取り組みや、一人ひとりができることなどについて議論しました。

9条世界会議・関西2013

ピースボートが「9条世界会議・関西2013」に参加しました(開会あいさつをするピースボートの吉岡達也)
10月14日(月・祝)に大阪市中央体育館で行われた9条世界会議・関西2013には約5,000人が参加
9条世界会議・関西2013の共同代表であるピースボートの吉岡達也が開会の挨拶をしました。
吉岡は、軍事力はもはや平和を作ることができなくなっていることはイラク情勢をみても明らかであり、市民が力を合わせて戦争や軍隊のない世界を築いていこうと述べました。

また、会場では多くの市民団体のブースが設置されました。ピースボートも出展し、9条を世界に広めるためのグローバル9条キャンペーンや核兵器の廃絶を訴えるおりづるプロジェクトなどの紹介、パレスチナ難民の女性や地雷被害者の方が作った商品の販売を行いました。

最後には「9条世界会議in関西・会議宣言」が採択されました。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS