平和首長会議とピースボートが提携!広島にてセミナーを行います

受付は終了しました
平和首長会議とピースボートが提携!広島にてセミナーを行います旧ユーゴスラビアのモンテネグロ共和国での証言会にて(2014年4月19日)
戦後70周年を迎 えた日本。

歴史認識をめぐり近隣諸国との関係はますます厳しくなる一方で、戦争経験者は年々少なくなっています。記憶の継承が大きな課題となっている今、私たちは歴史から何を学び、どのような未来を描いていけるのでしょうか。
核兵器を禁止しようとする動きが世界で盛り上がりを見せている 今、被爆証言を届ける意味を考えます。また、平和首長会議が提唱する「2020ビ ジョン」キャンペーン担当のアーロン・トビッシュ氏、前平和文化センター理事長のスティーブン・リーパー氏からも、国際的な視点から2020年までに核兵器をなくす取り組みや道筋を話していただ きます。私たちに何ができるのか?広島で一緒に考えましょう。

また、第8回「ヒバクシャ地球一周  証言の航海」(2015年4月12日~7月26日実施)の参加者や内容を紹介する記者会見も行います。

■記者会見
【日時】  2015年3月3日 (火)14:00~
【場所】  広島市役所記者室にて
【出席者】
 ピースボート共同代表 川崎 哲
 広島平和文化センター理事長 小溝泰義さん
 平和首長会議 アーロン・トビッシュさん
 被爆者/三宅 信雄さん
 ユース/ 橋本 昭博さん、鈴木 慧南さん、岩本 麻奈未さん  

【内容】 参加被爆者ならびにユース発表、プロジェクトの概要説明

※参加者は一部の方 のみの出席となります。

イベント概要

イベントタイトル 平和首長会議とピースボートが提携!広島にてセミナーを行います
日時 2015年3月3日 18:45~20:45(開場18:30)
場所 広島市まちづくり市民交流プラザ 北棟5階 研修室C
東京都
講師 川崎哲(ピースボート共同代表、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員 )
     アーロン・トビッシュ(平和首長会議)
     スティーブン・リーパー(前広島平和文化センター理事長)
参加費 300円
ダウンロード icon
詳細はこちら PDFpdf:209 KB
受付は終了しました

インフォメーション

イベント
EVENT