広島・長崎・福島から学ぶ、持続可能な地球をめざす討論会が開催されます

プロジェクト:地球大学 クルーズ: 第84回 地球一周の船旅
受付は終了しました
広島・長崎・福島から学ぶ、持続可能な地球をめざす討論会が開催されます
2014年1月26日、「グローバルESD対話フォーラム2014」が中部大学で開催されます。
ESD(Education for Sustainable Development)は、「持続可能な開発のための教育」を意味しています。2014年11月には「ユネスコESD国際会議」が名古屋で開催される予定です。今回のフォーラムは、その国際会議に向けて市民や政府、そして企業から提言を行う重要なものになります。

ディスカッションでは、「広島・長崎・福島から学ぶ:原爆・原発のない持続可能な地域と地球の未来へ」をテーマに、ピースボートの吉岡達也がパネリストとして登壇します。また他のスタッフ2名も当日参加し、過去に脱原発をテーマに実施した地球大学の報告と、被爆者が世界で証言するおりづるプロジェク トを紹介します。

持続可能な社会のために私たちは何ができるのか。皆で考える良い機会ですので、ぜひご参加下さい!

イベント概要

イベントタイトル 広島・長崎・福島から学ぶ、持続可能な地球をめざす討論会が開催されます
日時 2014年1月26日 9:30~17:50
場所 中部大学三浦記念メモリアルホール
愛知県 春日井市松本町1200
アクセス JR中央本線「神領(じんりょう)」駅下車(名古屋駅より「普通」で約26分)、北口「中部大学スクールバスのりば」から約7分。
JR中央本線・愛知環状鉄道 「高蔵寺(こうぞうじ)」駅下車(名古屋駅より「快速」で約26分)、 北口8番のりばより名鉄バス「中部大学前」行に乗車(約10分)。
会場詳細 icon会場サイト
参加費 無料

インフォメーション

イベント
EVENT