3/6【東京】動物と人との共生~絶滅危惧種ウミガメ保全の現場から考える~

関連キーワード:
環境・エコ
3/6【東京】動物と人との共生~絶滅危惧種ウミガメ保全の現場から考える~
幸せを運ぶ海の守り神として、ハワイでは昔から大切にされてきたウミガメ。しかし、世界に7種類いるとされるウミガメは、そのうち6種類が絶滅危惧種となっています。たとえば、インドネシアの産卵地では、「荒廃する自然環境」と「貧困」がウミガメを危機に追いやる現実があります。

今回は、インドネシアや小笠原でウミガメ保全活動に取り組むNPO法人ELNA(エルナ)の井ノ口栄美さんと岩井千尋さんに、ウミガメの不思議な生態から、保全活動の最前線までお話いただきます。人々の営み、自然、そして動物たちはどう共生していくべきなのでしょう?ウミガメ保全の事例から考えます。
3/6【東京】動物と人との共生~絶滅危惧種ウミガメ保全の現場から考える~
【井ノ口栄美(いのぐちえみ)さんプロフィール】
大学在学中に、小笠原でのクジラ・ウミガメ調査のボランティアに携わる。大学卒業後は、別業種にて社会人経験を積んだ後、ELNAに入職。現在、絶滅危惧種のタイマイという種を救う為、アジア最大繁殖地であるインドネシアでの活動担当者として働いている。種を守るということだけでなく地域の人達が大切な資源として利用できるくらいまで回復させたいと思い、活動に精を出している。

【岩井千尋(いわいちひろ)さんプロフィール】
大学卒業後、子ども達に自然体験を提供する自然学校職員を経てELNAへ。 自然学校時代のキャンプ運営経験を活かし、現在は、ELNAのイベントや広報を担当している。ウミガメの魅力や保全活動について、より多くの人達に知ってもらうべく日々奮闘している。

イベント概要

イベントタイトル 3/6【東京】動物と人との共生~絶滅危惧種ウミガメ保全の現場から考える~
日時 2019年3月6日 19:00~20:40(開場 18:30)
場所 [地図を見る]
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて03−3363−7561(10:00−19:00)
講師 井ノ口栄美さん、岩井千尋さん(認定NPO法人エバーラスティング・ネイチャー(ELNA))
参加費 500円
イベント
EVENT