2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題

プロジェクト:歴史と和解 寄港地エリア:アジア
関連キーワード:
歴史
受付は終了しました
2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題
日本はかつて朝鮮半島を植民地にし、現地の人々を日本国内で働かせていました。彼らのことを「徴用工(ちょうようこう)」といいます。昨年10月末、韓国の最高裁判所は、日本企業が元徴用工の人たちへ賠償するよう判決を下しました。一方で日本政府は、日韓が国交回復する際に結んだ協定で「完全に解決した」として、判決に向き合う姿勢を見せていません。

戦後補償運動に長年たずさわる矢野秀喜さんが、ニュースで目にする「徴用工判決」とは何かを分かりやすく解説してくれます。「解決済みじゃなかったの?」「韓国に謝り続けないといけないの?」知りたくても誰も教えてくれなかった日韓の歴史問題を一 緒に学びましょう。
2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題
【矢野秀喜(やのひでき)さんプロフィール】
1995年に日本製鉄元徴用工裁判を支援する会に参加。それ以降、主に韓国人被害者の戦後補償実現の運動にたずさわる。こうした活動が評価されて、2010年には、韓国の「林鍾国(いむ・じょんぐっく)賞」を日本人として初めて受賞した。
日韓つながり直しキャンペーン事務局長。
著書に、『50年目の日韓繋がり直し 日韓請求権協定から考える』(社会評論社)や、『未解決の戦後補償Ⅱ 戦後70年・残される課題』(創史社)などがある。

イベント概要

イベントタイトル 2/6【東京】超入門!ホントに解決済みなの?徴用工問題
日時 2019年2月6日 19:00〜20:30(開場 18:30)
場所 ピースボートセンターとうきょう
東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
[地図を見る]
アクセス JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて03−3363−7561(10:00−19:00)
講師 矢野秀喜さん(強制連行・企業責任追及裁判全国ネットワーク )
参加費 500円
受付は終了しました

インフォメーション

イベント
EVENT