時空を越える船旅 − 南半球をめぐる大航海

時空を越える船旅 − 南半球をめぐる大航海
悠久の時を刻む人類発祥の地、アフリカ大陸。広大な緑野に人びとの息づかいが聞こえる南米大陸。そして古の先住民族の思慮深い知恵とともにある南太平洋の島々をめぐる第106回ピースボート。107日間で21寄港地をめぐり、地球が創り出す絶景と出会います。
旅の始まりは台湾の基隆から。アフリカ大陸の南「喜望峰」と、南米大陸の南端「マゼラン海峡」を抜けて、オセアニアへ――2020年12月、地球の息吹と人びとが紡いだ歴史を感じる旅が船出します。

インフォメーション

ピースボートの船旅
VOYAGES
ピースボートの魅力
小磯学
神戸山手大学 現代社会学部 観光文化学科 教授
もっと見る
小磯学