辺野古の海への土砂投入を止め、新基地建設を白紙撤回するよう求めていますー共同声明にご賛同ください

プロジェクト:OKINAWA
辺野古の海への土砂投入を止め、新基地建設を白紙撤回するよう求めていますー共同声明にご賛同ください
9月7日、「普天間・辺野古問題を考える会」が衆議院議員会館にて記者会見を行い、「辺野古の海への土砂投入計画並びに新基地建設計画の白紙撤回を求める」共同声明を発表しました。この声明には、ピースボートから川崎哲が呼びかけ人の一人として加わっています。
現在、政府は沖縄県が以前許可した辺野古新基地建設のための承認をもとに、自然が豊かに残る沖縄の海の埋め立ての準備を進めてきました。しかし、故翁長沖縄県知事が以前出していた県の承認の撤回の指示を出しました。翁長知事が亡くなられた後、県は承認の撤回を行いました。

今回発表した共同声明では、沖縄県の辺野古埋立承認の撤回を支持し、国による土砂投入は許さないというメッセージを政府に対して示しています。また、この声明への賛同者を求めています。

この共同声明について、以下のメディアが報道しています。
◆2018年9月7日 神奈川新聞「辺野古新基地建設撤回を求め声明、作家、研究者ら」
◆2018年9月8日 東京新聞「『辺野古移設、許せぬ』 学者・作家ら72人が賛同呼び掛け」
◆2018年9月8日 琉球新報「国内有識者も声明 辺野古新基地『白紙撤回を』」

共同声明への賛同リンク先

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS