ピースボートと国連SDGsアクションキャンペーンがパートナーシップを結びました

プロジェクト:SDGs キャンペーン
ピースボートと国連SDGsアクションキャンペーンがパートナーシップを結びました船体にあしらわれたSDGsのロゴマーク
この度、ピースボートと国連開発計画(UNDP)の「国連持続可能な開発目標(SDGs)アクションキャンペーン」が覚書を結びました。覚書の署名式は、第98回ピースボートがニューヨークに寄港した際、国連本部で開催された「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム」(2018年7月13日)にて行われました。
ピースボートと国連SDGsアクションキャンペーンがパートナーシップを結びました国連で島々の置かれた状況について報告するピースボート「オーシャンユース」のメンバー
アクションキャンペーンは、9月1日に出航した第99回ピースボートから船内や世界中の寄港地で実施されます。具体的には、国連のSDGsのための教育、アドボカシー活動、人材育成、そして意識向上のための共同プロジェクトなどになります。

覚書では、このパートナーシップを通して以下のようなことを実施すると約束しています。
• ピースボートは国連SDGsを広める国際的なアクションを行う。
• 国連SDGアクションキャンペーンをピースボートがサポートする。
• 「地球大学」などピースボートの教育プログラムを共に開発する。
• 環境に負荷の少ない客船造りに関連するSDG事業を共につくる。

◆国連SDGsキャンペーンについて
国連SDGs アクションキャンペーンは、国連事務総長による特別イニシアティブとして、国連開発計画(UNDP)により運営されています。SDGs達成のために、世界中の人々に意識付け、力づける活動を行う一方、政治的な意識を高め、2030年までに目標を達成するための支援も行っています。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS