9/5【東京】行方不明の家族を探して 〜メキシコ「麻薬戦争」の証言から市民の人権を考える〜

プロジェクト:SDGs キャンペーン
9/5【東京】行方不明の家族を探して 〜メキシコ「麻薬戦争」の証言から市民の人権を考える〜
世界屈指のダイビングスポットや、辛くておいしい料理に、陽気でおおらかなイメージのメキシコ。しかし、この国では2006年12月、当時就任した大統領が「麻薬組織撲滅戦争」を宣言して以来、麻薬組織同士はもちろん軍・警察、自警団など様々なアクターが紛争を繰り広げる中で、多くの市民の命が奪われ、また行方不明になる人が出ています。

今メキシコで何が起こっているのか? 行方不明の家族を探す当事者であるルシ ア・ディアスさんが語る、等身大の証言は必聴です。「麻薬戦争」の真相に触れ、市民の人権や自由について考えます。
9/5【東京】行方不明の家族を探して 〜メキシコ「麻薬戦争」の証言から市民の人権を考える〜
【ルシア・ディアスさんプロフィール】
2013年、ベラクルス州ベラクルス市で息子が誘拐 され行方不明になり、2014年 から同じ立場の女性たちと、地元の行方不明者家族の会「ソレシート」を立ち上 げる。2016年、ベラクルス市郊外で大規模な秘密墓地が発見され、会のメンバーが自ら発掘作業を行い、これまでに300体近い遺体を発掘した。これは秘密墓地としては中南米でも最大規模のものとされる。
この功績により、メキシコ人権委員会の「メキシコ人権賞」特別賞を受賞、同年オランダ・ハーグにおける人権活動家に対する「シェルターシティ」プログラムに招へいされた。またソレシートの会は、ベラクルス大学から「栄誉賞」を受賞した。
※スペイン語から日本語の逐次通訳が入ります。

イベント概要

イベントタイトル 9/5【東京】行方不明の家族を探して 〜メキシコ「麻薬戦争」の証言から市民の人権を考える〜
日時 2018年9月5日 19:00〜20:30(開場 18:30)
場所 ピースボートセンターとうきょう
東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
[地図を見る]
アクセス JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて03−3363−7561(10:00〜19:00)
講師 ルシア・ディアスさん(ベラクルスの行方不明者家族の会 「ソレシート」 代表)
参加費 500円

インフォメーション

イベント
EVENT