おりづるプロジェクト、ユース特使の発表が長崎で報道されました

プロジェクト:おりづるプロジェクト
おりづるプロジェクト、ユース特使の発表が長崎で報道されました(写真は、長崎原爆資料館内で取材を受けるおりづるプロジェクトの参加被爆者ら)
3月に出航する第83回ピースボートで実施される第7回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」に参加する「おりづるユース特使」2名が決定しました。
長崎でこの発表記者会見を2月20日に行い、翌21日には参加被爆者、ユースによる証言準備会を行いました。この様子が、新聞各紙、テレビ等で報道されました。詳細は以下の通りです。

「おりづるユース特使 福岡さん、浜田さん『ヒバクシャ証言の航海』へ参加」毎日新聞、2014年2月21日

「『核の恐怖伝える』『証言の航海』乗船ユース2人が抱負」朝日新聞、2014年2月21日

また、テレビ長崎の夕方のニュースで、20日の記者会見、21日のオリエンテーションの様子が両日それぞれ報道されました。

参加被爆者の1名、坂下紀子さんへの取材記事が以下の通り報道されています。

「助かった 使命あるはず」朝日新聞、2014年2月19日

あわせて開催されたおりづるプロジェクトのイベントについても報道されています。
「核禁止条約へ意志確認 非人道性会議の成果報告」長崎新聞、2014年2月21日

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS