「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」での ヒバクシャ証言にピースボートが協力

プロジェクト:おりづるプロジェクト
 2009年2月14日・15日の両日、ワシントンにて開催された「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」の第2回会合。この中で行われた、広島・長崎の原爆被害者による証言に、ピースボートの川崎哲がコーディネーターとして同席した。
 「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)」は、日本とオーストラリア両政府の主導で始まったもので、委員は世界各国の政治・軍事の専門家ら 15名。日本の川口順子元外相および、オーストラリアのギャレス・エバンズ元外相が共同議長を務め、2009年末に核兵器廃絶に向けた国際社会への提言を 作成することを目的としている。

 ピースボートの川崎哲は、この委員会共同議長に対するNGOアドバイザーに就任。今回の被爆証言のコーディネートを担った。今回の被爆者証言は、ピースボートなど日本のNGOが委員会に要請し、カンパを募って実現したものだ。

 被爆者による約1時間にわたる発言は、委員らに深い印象を与え、会合終了時の記者会見ではエバンズ議長がこの発言に触れ「心を動かされた。核兵器の問題を語る際、常に人間性の観点を忘れてはならない」と述べるなど、大きな成果を生んだ。

 この被爆者による証言のセッションは、NHKニュースや朝日新聞はじめ、日本国内でも大きく報道されている。

 ICNNDは、オバマ米政権に核政策の見直しを求めるなど、進展が期待されている。

 なお、3月2日には、東京・渋谷にてICNNDの現状と市民の課題について、ピースボートの川崎哲と、オーストラリア側のNGOアドバイザー、ティルマ ン・ラフ氏によるセミナーを開催する。詳しくは、ピースボートまたは「ICNND日本NGO連絡会事務局」まで問い合せを。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS