ノーベル平和賞授賞式のパブリック・ビューイングが東京新聞に紹介されました

ノーベル平和賞授賞式のパブリック・ビューイングが東京新聞に紹介されました
ピースボートでは、戦争を放棄し軍隊を持たないと定めた日本国憲法9条の理念を世界の人々に知ってもらい、広めていこうと「グローバル9条キャンペーン」を行っています。
今年のノーベル平和賞の候補として「憲法9条を保持している日本国民」が挙がっていたことから、ノルウェーで開催された授章式の様子をパブリック・ビューイングという形式で、多くの方と見守りました。

この様子が、10月11日付けの東京新聞に掲載されました。東京のピースボートセンターに、約100名の一般参加者、複数の著名人のほか、国内外のメディア13社も集まったと紹介されています。

また、今回のノミネーションを受け、ピースボートおよびグローバル9条キャンペーンとして、「2014年ノーベル平和賞ノミネーションにより憲法9条が平和維持のメカニズムとして世界的に認知」という声明を発表しました。声明文(日本語/英語/スペイン語)は以下からダウンロードできます。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS