11/15 特別対談!山田正彦さん×枝元なほみさん 〜タネは誰のもの?「種子法」廃止で、日本の食が変わるのか 〜

プロジェクト:SDGs キャンペーン
11/15 特別対談!山田正彦さん×枝元なほみさん 〜タネは誰のもの?「種子法」廃止で、日本の食が変わるのか 〜
私たちが口にする多くの食べ物は、もとを辿れば1粒の「たね」から生まれてきます。種を管理し、安心・安全な作物をつくることは、人々が生きるうえで重要なこと。しかし今年4月、日本ではこの種を扱う法律が変わり米、麦、大豆の種子の生産や普及を都道府県に義務付ける「主要農作物種子法(種子法)」を廃止する法律が成立しました。これは民間の力を活用して品種開発を進める狙いがある等と説明されていますが、単純に「ビジネス」と化すことは、私たちの食の安全にどう影響するのでしょうか?
「食」をめぐりそれぞれ独自の関わりを持つ元農林水産省大臣の山田正彦さん、料理研究家枝元なほみさんに伺います。
【枝元なほみさんプロフィール】
料理研究家。料理本の執筆の他、料理番組への出演多数。一般社団法人「チームむかご」代表理事。近年は、 キッチンの窓を開けて、食や農業、社会とつながることをモットーに活動している。「ビッグイシュー日本版」のcookingのページも連載中。

【山田正彦さんプロフィール】
日本の種子を守る会設立発起人、弁護士、元農林水産大臣。一貫してTPP反対の立場をとり、2015年1月に「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」設立。著書に『「農政」大転換』『TPP 秘密 交渉の正体』『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』など多数。

イベント概要

イベントタイトル 11/15 特別対談!山田正彦さん×枝元なほみさん 〜タネは誰のもの?「種子法」廃止で、日本の食が変わるのか 〜
日時 2017年11月15日 19:00〜20:30(開場18:30)
場所 ピースボートセンターとうきょう
東京都 新宿区高田馬場3-13-1-B1
[地図を見る]
アクセス JR/西武新宿線/地下鉄東西線 高田馬場駅 早稲田口より徒歩7分
予約方法 予約ボタンまたはお電話にて03−3363−7561(10:00−19:00)
講師 枝元なほみさん、山田正彦さん
参加費 500円

インフォメーション

イベント
EVENT