核兵器禁止条約への署名・批准を求める政府への要請が報道されました

プロジェクト:核廃絶
核兵器禁止条約への署名・批准を求める政府への要請が報道されました外務省との意見交換会で核兵器禁止条約への日本の署名・批准を求めるピースボートの川崎哲
9月13日、ピースボートが参加する核兵器廃絶日本NGO連絡会は外務省を訪れ、日本政府に対して核兵器禁止条約への署名・批准を要請しました。NGO代表ら11名は、岡本三成外務大臣政務官らと一時間強にわたり意見交換を行いました。政府は、核軍縮には核保有国の協力が不可欠であるとして核兵器禁止条約に署名・批准しないという立場をくり返しましたが、被爆者代表やNGO代表は、被爆国・日本こそ核兵器禁止条約への参加に一歩踏み出すべきだと強く求めました。ピースボートの川崎哲は、NGO連絡会の共同世話人の一人としてこの会合において中心的な役割を果たしました。
この政府への要請と、同日夜の記者会見の様子は、以下のテレビや新聞で報道されました。

2017年9月13日 NHK 「被団協 核兵器禁止条約に日本政府も署名要請」
2017年9月13日 時事通信 「被爆者ら核禁条約参加要望=署名開始前に-外務省」
2017年9月14日 朝日新聞 「核禁条約の批准、首相・外相に要請 NGO代表ら」
2017年9月14日 中国新聞 「核禁止条約へ署名要請 被爆者ら 政府と意見交換」

なお、核兵器廃絶日本NGO連絡会では、9月23日(土)に国連大学で「核なき世界に向けて~転換点で考える」と題するイベントを開催する予定です。以下のリンクをどうぞご覧ください。

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS