川崎哲による集団的自衛権をめぐる活動が、神奈川新聞などで紹介されました

川崎哲による集団的自衛権をめぐる活動が、神奈川新聞などで紹介されました
3月2日の神奈川新聞で、スタッフの川崎哲による集団的自衛権などをめぐる行動や発言が掲載されました。
川崎は、研究者やジャーナリスト、NGO関係者らとともに、「集団的自衛権問題研究会」を立ち上げ、さまざまな角度から議論を進めてきました。今回の記事では、海外での武力行使が可能となる安倍政権が進める集団的自衛権の問題を中心にしながら、川崎の平和活動の歩みや草の根レベルで活動を続けることの意義について語っています。

活動の意義については、「僕らのやっていることは100%勝ったとか完敗したとかそういうことではない。政府のやり方が間違っているというのであれば調査研究を続け、理詰めで論を尽くし、10%でも20%でも修正させる。そこに意味がある」というコメントも紹介されました。
また、川崎哲は憲法9条の改正に意欲を示した安倍首相に対して懸念を示しそのコメントが、共同通信の取材を受け各紙に配信されています。記事中で川崎は、「テロリストを司法手続きにかけるという意味なら分かるが、米国などによる空爆に参加する意思を表明したと誤解される可能性もあり、中東の人々に敵対心を持たれかねない」という危惧を表明しています。

ピースボートについて
ABOUT
岩上 望
岩上 望
グローバルスクール脱原発OKINAWA
関西弁だけで地球5周!英語が話せなくても大丈夫!笑顔は世界共通。