核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対しています

プロジェクト:脱原発
核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対していますこの協定が核拡散へとつながる懸念を語るピースボートの川崎哲(2017年5月12日、衆議院第一議員会館にて)
5月12日、日本とインドの原子力協力協定の承認が衆議院外務委員会で可決されました。この協定は、核兵器保有国インドに対して日本が原発を輸出していくというものであり、福島原発事故の教訓をかえりみていないばかりでなく、核兵器の拡散を助長するものです。ピースボートは「日印原子力協定国会承認反対キャンペーン」の構成団体として、同協定に反対する衆議院第一議員会館での集会に参加しました。

集会では、これまでに集められた反対の署名を国会議員へ提出するとともに、抗議声明を発表しました。
核の危険を世界に広げる日印原子力協定に反対しています日印原子力協定に反対のプラカードを掲げる参加者(同日、衆議院第一議員会館にて)
今回、協定の承認案は衆議院外務委員会で可決されましたが、今後は衆議院の本会議、そして参議院に回されます。外務委員会では、野党による同協定の問題点を強く指摘する声が上げられていました。今後も「日印原子力協定国会承認反対キャンペーン」として、反対署名を集め、集会などを開催し、多くの声を国会へ届けます。

核の危険を世界にまき散らす日印原子力協力協定に反対するウェブ署名を集めています。以下のリンクから署名できます。

また、今後の関連行動の予定を以下からダウンロードできます。

※なお、5月16日の衆議院本会議での可決を受けて、ピースボートの川崎哲のコメントが以下の新聞記事に掲載されました。
2017年5月17日 朝日新聞 「日印原子力協定、承認へ 今国会中 核軍縮・不拡散政策、転機」

コメントの中で川崎は、核不拡散条約(NPT)非加盟の核保有国インドに特例を認めるやり方は、北朝鮮の核問題の解決のためにも間違ったメッセージを発するものだとして批判しています。

関連資料

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS