第94回ピースボートが横浜を出航します-被爆者らが核兵器禁止を訴え、ベネズエラの若者の楽団も参加

第94回ピースボートが横浜を出航します-被爆者らが核兵器禁止を訴え、ベネズエラの若者の楽団も参加第93回ピースボート横浜出航の様子(2017年1月)
4月12日(水)、第94回ピースボート 地球一周の船旅が、横浜港から世界22カ国23寄港地を訪れる105日間の航海に出ます。この船旅には、日本をはじめ広くアジア各国から計約1000人が参加します。この船旅の中心的なプロジェクトとして、広島・長崎の被爆者が世界各国で原爆被害の証言をする「おりづるプロジェクト」(第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」)があります。広島・長崎の被爆者3名、被爆二世2名、ユース非核特使2名がこのプロジェクトに参加します。
さらにこの航海には、ベネズエラの「カラカス市民オーケストラ」の若手音楽家約20名が参加します。この楽団は、教育や福祉に幅広く取り組んでいるほか、広島・長崎の原爆や平和の問題にも深く関心を寄せています。寄港地では、被爆者の証言会と合わせて同楽団の演奏会も行います。

◆出航記者会見のお知らせ
出航に合わせて、下記の通り出航記者会見を行います。
2017年4月12日(水)10:30~ 横浜港大さん橋国際客船ターミナルにて
(詳細は以下から記者リリースをダウンロードしてください)

出航記者会見のご案内

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS