第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見

第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見第10回ヒバクシャ地球一周の参加メンバーらが長崎のオリエンテーションで原爆落下中心地碑を訪問
「市民の力で核兵器を禁止するー過ちをくり返さないために」をテーマに、4月12日(水)に出航する第94回ピースボート地球一周の船旅において、第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」を実施します。このプロジェクトの参加者が決まりました。被爆者3名、被爆二世・継承者2名、ユース特使2名です。参加者らは、出航前日の4月11日(火)に外務省を訪問し非核特使の委嘱を受けた後、記者会見にのぞみます。
第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見第10回ヒバクシャ地球一周に参加するメンバーと第1回からの先輩被爆者の皆さんが一緒に(2017年3月16日)
第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見事前オリエンテーションでは、長崎の原爆資料館を改めて見学し、世界に伝える準備をした
第10回「ヒバクシャ地球一周 証言の航海」の参加メンバーが決まりました~4/11 非核特使委嘱式と記者会見第10回ヒバクシャ地球一周の参加者事前オリエンテーション(2017年3月16日)
参加者らは世界22カ国23寄港地を訪れ、証言活動を通して核廃絶を訴えます。折しも国連では、核兵器禁止条約の交渉が始まっています。72年前に原爆の被害にあった人たちの肉声を世界各地に届け、多くの国が核兵器禁止条約交渉に参加し貢献するための後押しをしていきます。各寄港地や船内では、ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名(「ヒバクシャ国際署名」)を集めていきます。プロジェクトの概要および参加被爆者らの略歴は以下よりダウンロードしてください。

■■非核特使委嘱式と記者会見■■
2017年4月11日(火)

15:00- 外務省にて非核特使委嘱式。
(取材希望の方は事前にピースボート事務局(以下の「お問い合わせ」ボタンより)および外務省軍備管理軍縮課にご連絡下さい)

16:15- 弁護士会館(5階504号室、千代田区霞が関1-1-3)にて記者会見。
出席:参加被爆者、被爆二世、ユース特使全員。川崎哲(ピースボート共同代表)
参加被爆者らが抱負を語ります。

プロジェクト概要と参加者略歴

関連リンク

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS