カンボジア王国から勲章を受章しました

カンボジア王国から勲章を受章しました
ピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MACは、1998年の発足以来、カンボジアの地雷除去を支援しています。これまでのP-MACの活動が評価され、「カンボジア王国友好勲章」および「ソワタラ勲章」を受章しました。
カンボジア王国から勲章を受章しました授与式はプノンペンにあるカンボジア地雷対策センター(CMAC)本部でおこなわれました。
P-MACは、1998年から募金活動「カンボジアから地雷をなくそう100円キャンペーン」をおこなっています。集まった募金は地雷除去団体であるカンボジア地雷対策センター(CMAC)に送り、これまでに1.5㎢の土地の地雷が除去され、その結果約900個の地雷と不発弾が処理されました。また、小学校4校と保健所1棟の建設も支援しました。除去後の土地は学校や保健所の他、農地や住宅地など、人々が安全に暮らすことができるよう、最も必要な用途に使われています。

2016年8月24日、第92回ピースボート内で開催した「カンボジア地雷問題検証ツアー」でカンボジアを訪れた際、勲章の授与式が開催されました。P-MACと、これまで街頭募金活動を続けてきた全国のピースボートセンターが「カンボジア王国友好勲章」を受章しました。この勲章は、カンボジアの復興に貢献した外国人に授与されるものです。また、ピースボート共同代表の吉岡達也とピースボート地雷廃絶キャンペーンP-MAC事務局長の森田幸子が、農業分野に貢献した個人に贈られる「ソワタラ勲章」を受章しました。

CMACのヘン・ラタナ長官より、それぞれの代表にメダルが授与されました。長官は、「CMACはカンボジアの復興のために地雷除去を長年進めてきました。この活動には世界の多くの国々の協力が必要不可欠で、ピースボートの貢献も大きなものです」と語り、感謝の言葉をいただきました。

授与式の様子は、現地テレビ局のCambodia News Channel(CNC)とBayon TV、およびRasmei Kampuchea新聞で報じられました。

インフォメーション

ピースボートの活動
PROJECTS